So-net無料ブログ作成

妊活男性が禁煙すべき理由!タバコを吸うと精子の数が1~2割も減る [男性不妊の原因]


スポンサードリンク





喫煙の悪影響は数多くあるが、精子にもダメージを与え、精子の数が1~2割減ることがわかった。



以前から精子の活動が悪くなるといわれてきたが、具体的な数字を示した研究は初めて。





「妊活中の男性は絶対に禁煙すべきだ」と専門家は強調している。





精子の運動能力、形、DNAの構造も悪くなる
米セントジョセフ大学のチームが、欧州泌尿器科学会誌「European urology」(電子版)の2016年4月21日号に発表した。





精子に関する過去の20の論文を分析したもので、具体的には不妊治療の医療機関を受診した計5865人の精子を、喫煙習慣のある人とない人に分けて比較した。





調査したのは精子濃度(精子の数)、運動能力の良し悪し、形態の良し悪しの3つ。その結果、次のことがわかった。




タバコを吸う人は吸わない人に比べ、1ミリリットルの精液中に含まれる精子の数が平均で約972万個少なかった。




通常、1ミリリットルの精液には約5000万~1億個の精子があるから、平均で1~2割も少ないことになる。



スポンサードリンク









また、精子の運動能力の指数はタバコを吸う人は吸わない人に比べ、平均で3.48%悪く、




形態も平均で1.37%悪かった。こうした精子の状態は、ヘビースモーカーほど悪い傾向がみられた。





研究チームは、喫煙がなぜ精子に直接ダメージを与えているのかは明らかにしていない。




男性不妊治療の専門家、岡田弘・独協医科大学教授は著書の『男を維持する「精子力」』の中で、




「子どもを作りたければ、絶対禁煙しなさい」と強調、次のような悪影響を指摘している。




(1)ペニスの海綿体の血流が悪くなり、ED(勃起障害)になりやすい。



(2)精子の数が減り、運動能力が低くなるので妊娠しにくくなる。


(3)タバコによる酸化ストレスで精子のDNAの構造が傷つけられる恐れがある。正常な胎児にならず、流産しやすくなる。


(4)副流煙により、パートナーの体と胎児に悪影響を与える。



最後に子どもは生まれたものの脳梗塞で倒れて、首から下が動かせなくなった男性のエピソードを紹介している。男性はこう語ったそうだ。


スポンサードリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。