So-net無料ブログ作成
女性不妊の原因 ブログトップ
前の10件 | -

不妊の原因肥満!不妊治療専門医がダイエット法を伝授 [女性不妊の原因]

スポンサードリンク






適切なダイエットで肥満の予防を!



肥満が生活習慣病のほか、月経不順や不妊症のリスクを高める




肥満まではいかなくても体形を気にしている方には、どんなダイエットが適切なのでしょうか。




今回は、リバウンドリスクが少なく、安全にやせる方法をお伝えします。



日常でできることをやる




「やせよう! 」と決めたら即「何も食べない! 」と断食を決行したくなる気持ちはよくわかるのですが、1




日2日何も食べないと3日目には反動で大食してしまいます。




また、定期的にブームになる単品ダイエットは効果はあるものの、栄養が偏るのでお勧めしていません。




基本は、ミネラルとタンパク質の栄養バランスを保ちながら、摂取カロリーを下げて使用カロリーを上げること。





週1ポンド(約453g)、5カ月で約9キロの減量が理想的です。





我慢のダイエットは続きません。
もともと飢餓の時代を生きのびた私たちの脳や体は、食べ物を食べてカロリーを蓄えるようにできています。





体が我慢しているのを自覚すると、代謝を落としてカロリーを消費しないようになりますし、脳が我慢を自覚すると、反動でもっと食べたくなります。



スポンサードリンク







体が我慢を自覚しないのは、週250g程度の減量。つまり、月1kg程度の減量ならリバウンドは起きません。





また、脳が我慢を自覚しないのは1日100~200kcalの減量です。脂肪は1g=約8kcal。1年に換算すると、100kcal×365÷8=4,562gの体重の変化が予測できます。





1日100kcal増えても食べ過ぎた感はありませんが、毎日クッキー1枚(約100kcal)のおやつが習慣になると、1年後に約4.5kg増えています。




反対に1日100kcal減らせれば、自然に1年後には約4.5kg減っているということです。




1日100kcalをどう減らす?





無意識に100kcalを減らすために、次のことを心がけてみましょう。




■腹八分目


まず、炭水化物を食べたいと思う量の80%にする。
心理学によるとごはんの量を20%減らしても脳は減量と気づきません。




そして、見た目の総量を同じにするために、野菜の量を20%増やします。



■総量を見てから食べる


懐石料理やバイキングのように次々に出てくるものは、総量がわからないので食べ過ぎてしまいます。




1回の食事は全部並べてから食べるようにしましょう。




■食器のサイズをかえる


大皿は自然と食べ過ぎてしまうので、普通皿にかえましょう。大皿に盛るのは野菜だけにします。



■お菓子を家に置かない


カロリーの高いお菓子などは家に置かないか、置いても手の届きにくい場所(棚の高いところなど)にしまう習慣を。




間食をするときも、あとで洗う手間をつけるために必ずお皿に盛りましょう。



■"皿半分ルール"を守る


皿半分ルールといって、1回の食事の半分を野菜・果物、残りの半分をタンパク質と炭水化物にします。

スポンサードリンク























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

女性不妊治療に人工知能の力!兵庫県立大学大学院 [女性不妊の原因]


スポンサードリンク







女性の不妊では排卵に要因があったり、卵管の閉塞や狭窄に要因があったりする。




このうち排卵因子の一つが、卵胞が卵子を含まないケース(空胞)だ。





 不妊治療で行われる体外授精では、専用の注射針を膣から卵巣に刺し、卵胞内の卵子を採取する。




ところがこの際、空胞を採取してしまう可能性がある。





膣からプローブを挿入して超音波画像を撮影しても、そこに映る卵胞が空胞かどうかの判定は目視では困難という。



スポンサードリンク









 そこで畑氏らは、超音波画像からの特徴量の抽出と人工知能による認識を利用し、超音波画像に映った卵胞が空胞かどうかを判定する手法を開発した。




3人の患者から取り出した計16個の卵胞で検証したところ、卵子のある卵胞10個のうち9個を正しく判定でき、




空胞6個のうち5個を正しく判定できた。
画像情報だけから、卵子の存在の有無を高い精度で判定できたことになる。




 このように、人工知能は画像診断の強力なツールになる。



既に肺がんなどの画像診断や、それに基づく「予後予測に使われ始めた」(畑氏)。




今後、治療への適用可能性を検証することなどが人工知能の医療応用における課題だとした。

スポンサードリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊原因の1つ「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」!肥満が原因? [女性不妊の原因]


スポンサードリンク








女性に必要な1日の摂取エネルギーは、身体活動レベルが「ふつう」の18~29歳女性では1950kcal、
30~49歳女性では2000kcalとされている



(厚生労働省「日本人の食事摂取基準 2015年版」より)。




太っていることが必ずしも不妊に結びついているのではなく、肥満が月経異常を引き起こすことが多く、
そのような場合には不妊原因となります。




そして違う報告では、肥満婦人の48%に無月経がある、あるいは44.8%に無月経や稀発月経などの月経異常が出現するとあります。





日本産科婦人科学会の生殖内分泌委員会の報告によると、PCOS患者の肥満頻度は20%となっています。



不妊と肥満の関係は難しくなっています。


a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NE6ZF+MMX76+2Z08+C2O5D" target="_blank">







PCOSが肥満を起こしやすい原因は、男性ホルモンの高値が
アナボリックな効果を発揮して脂肪を蓄積させてしまうこと、





あるいはインスリン抵抗性が脂質代謝の異常を引き起こすことなどが考えられます。





PCOSでは「月経異常」が最大の問題であり、よって「肥満そのものに対する治療がPCOSの治療に結びつく」と考えられているのです。




実際の肥満の治療法をして勧められるのは、もちろんダイエットになります。





急激なダイエットは危険な可能性がありますので、医師と相談してダイエットプランを決めると安心でしょう。





またそれらの治療法と併用して、薬物療法が行なわれる場合もあります。





●食事療法

肥満治療の基本中の基本、第1治療です。



基本的には食事の回数を減らさないことは大切になります。

食事療法の意識としては「食べれないのではなく、必要以上に食べてはいけない」ということです。間食はやめて1回の食事をしっかりと取ります。



●運動療法


動的運動(有酸素運動)と静的運動(無酸素運動)、そして軽いストレッチなどの体操を毎日取り入れるだけで劇的な効果があります。


有酸素運動の代表はウォーキングです、1日1万歩を目指して毎日繰り返し歩いてみてください。


●薬物療法



食事療法や運動療法を行なっても効果が現れない場合に加えて、高度肥満症の場合には薬物療法が行なわれるケースもあります。


最近使われているものは「マジンドール(サノレックス)」という薬で、ふらつき、めまい、頭痛、口渇感、便秘、
性欲減退などの副作用が現れることもありますが、依存性もほとんどなく比較的安全な薬といわれています。



●外科療法

肥満に対しての外科的治療はほとんど行なわれていませんが、肥満度が100%以上の超高度肥満症例では、胃縮小手術(胃バイパス術、胃形成術)、空回腸バイパス術、脂肪組織切除術などが行なわれることもあるようです。



ダイエットは自分で出来る1番安価な治療法
ダイエットが簡単に成功しないことは誰しもご存知でしょう。


決して安易なダイエット法などありません。
不妊治療においても、一番難しい治療法はダイエットなのです。
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症の恐れも!白い舌は女性の不調3つが気になる? [女性不妊の原因]

スポンサードリンク







東洋医学では、問診だけではなく、顔色や姿勢、臭い、舌の状態、筋肉のつき方などを体調の判断材料とすることがあります。





その中でも舌というのは、色や形、舌苔の量や色、舌の動きなど様々なチェックポイントがあり、比較的簡単に体調を知るために適しています。




●(舌苔の色ではなく)白い舌の人の状態について
東洋医学で考えると、舌苔ではなく舌そのものが白っぽい状態は、血が不足している状態と考えます。




血が不足している症状として、


・集中力がなくなる、


情緒不安定になる


・爪や皮膚、


・髪の毛のコンディションが悪くなる、


・甘いものが食べたくなる、


・不眠症になる、


・生理時に頭痛が起こりやすくなる




などの特徴があります。









●(舌苔の色ではなく)白い舌の人の状態について
東洋医学で考えると、舌苔ではなく舌そのものが白っぽい状態は、血が不足している状態と考えます。





・血が不足している症状として、


・集中力がなくなる、



・情緒不安定になる、


・爪や皮膚、


・髪の毛のコンディションが悪くなる、


・甘いものが食べたくなる、

・不眠症になる、


・生理時に頭痛が起こりやすくなる



などの特徴があります。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊の原因になる(PCOS)!排卵を増やした治療とは? [女性不妊の原因]

スポンサードリンク






多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)




卵巣内部に球状の空間(のう胞)が複数生じ、月経異常や不妊などが起こる病気です。



卵巣の異常により正常な排卵ができなくなり、ホルモンのバランスが崩れることで、



不妊や体重増加などが引き起こされます。体重を減らす治療によって、不妊に対する効果がある。



◆PCOSと過体重、不妊の人が減量?


18歳から40歳の女性でBMI(体重÷身長の2乗、25以上で過体重)が27から42の過体重または肥満であり、PCOSにより不妊が起こっている人を対象としました。



a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NE6ZF+MMX76+2Z08+C2O5D" target="_blank">




対象者は次の3グループにランダムに分けられ、16週間の治療を受けました。




●経口避妊薬のエストラジオール、ノルエチンドロンを使う(経口避妊薬群)


●カロリー制限、食事改善、薬剤、運動による減量治療を行う(生活習慣群)



●経口避妊薬と生活習慣治療の両方を行う(組み合わせ治療群) 経口避妊薬は女性ホルモンの働きがあり、PCOSで起こる月経周期の異常を治療する効果があります。



上の治療ののち、対象者は排卵誘発による不妊治療を受け、出産に至った割合を比較されました。



◆排卵率が増加


次の結果が得られました。


ベースラインと比べて、また経口避妊薬群と比べて有意な体重減少が、生活習慣群(平均体重減少-6.2%、95%信頼区間-7.4から-5.0)、組み合わせ治療群(平均体重減少-6.4%、95%信頼区間-7.6から-5.2)でともに達成された(ともにP<0.001)。






累積排卵率は減量後が勝っていた。経口避妊薬群で46%、生活習慣群で60%、組み合わせ治療群で67%だった




(P<0.05)。生産率は経口避妊薬群が12%、生活習慣群は26%、組み合わせ治療群は24%だった(P=0.13)。




生活習慣群、組み合わせ治療群で体重が減少し、経口避妊薬群と比べて排卵が多くなりました。




出産に至った割合には統計的な違いが見られませんでした。





研究班は「妊娠前の減量治療は経口避妊薬の有害な代謝作用を排除し、経口避妊薬による治療前と比べて、より高い排卵率につながる」と結論しています。




体重を減らすことで出産しやすくする効果は確かめられませんでしたが、卵巣の機能に対して良い影響があるのかもしれません。




◆参照文献

Randomized Controlled Trial of Preconception Interventions in Infertile Women With Polycystic Ovary Syndrome.

J Clin Endocrinol Metab. 2015 Sep 24 [Epub ahead of print]

スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊の原因や月経異常に!「PCOS」が原因の特徴とは? [女性不妊の原因]

スポンサードリンク







多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)




卵巣内部に球状の空間(のう胞)が複数生じ、月経異常や不妊などが起こる病気です。




●卵巣内部に球状の空間(のう胞)が複数生じ、 月経異常や不妊などが起こる病気です。




・本来であれば、卵胞が発育し、卵胞が割けて開くことで排卵が起きるのです。



・多嚢胞性卵巣症候群は、発育途上の卵胞が卵巣の中に同時にたくさんできてしまい、正常な排卵ができなくなった状態です。




●原因は未だ不明であるそうです。


肥満や糖代謝との関連性が指摘されている
ただし痩せている人にも発症する
女性の5-10%が発症するとする報告もある



症状は?



●月経不順(稀発月経、無月経)、不妊です。



・正常な排卵が起こらないことで月経不順や無月経の原因となるります。


●多毛、にきび、声が低くなるなどの男性化?


・男性ホルモンが増加することが原因だが、日本人では男性化を来すことは少ないです。

●肥満

多毛、にきびなどの男性化がなく、無月経を主訴に受診する人も多い


A8


a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NE6ZF+MMX76+2Z08+C2O5D" target="_blank">




検査・診断


●血液検査


血液中の女性ホルモンや男性ホルモン濃度の測定を行う
糖尿病やメタボリックシンドロームについても検査を行うことが多い


●経腟超音波検査



卵巣内部の、のう胞状の変化を確認する
両側の卵巣に多数の小卵胞が見つかることが特徴dす。



治療法は?


●肥満がある場合は5-8%ほどを目標とした減量によって排卵率の改善が見られる



●その後の妊娠の希望があるかないかによって治療の方針が変わる



●妊娠の希望がある場合は


薬物療法:排卵誘発法


・クロミフェン療法

・hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)

・不妊に対しては、排卵誘発剤による治療を行う



手術療法

・腹腔鏡下卵巣焼灼術や卵巣の一部を切除する手術





妊娠の希望がない場合


・カウフマン療法(エストロゲン製剤とプロゲステロン製剤を内服する)


・低用量ピル

。ゲスターゲン(プロゲステロン製剤)の内服


排卵誘発を行うと、卵巣過剰刺激症候群や多胎妊娠が生じることがあります。


糖尿病を併発していることが多く、その場合には糖尿病の治療も同時に行ます。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

女性不妊の原因!卵管閉塞と診断されたら行うべき治療法とは [女性不妊の原因]


スポンサードリンク








卵管閉塞であるということは、症状があるわけでなく、不妊であると自覚した時など、
卵管通過検査等などを行って初めて卵管が閉塞状態であったと判明する



検査したことで卵管が通過するようになる比較的軽度なものから、卵管が完全に癒着によって
閉塞してしまっている場合など様々です。



体外受精を選択せざるを得ないこともあります。







卵管閉塞とは?


何らかの原因で卵管が詰まってしまったり狭まっている状況のことであり、不妊の原因のひとつでもあります。


卵管通過検査で初めて卵管閉塞であることが判明するケースもあります。




卵管閉塞とは?



卵管が詰まってしまう原因は?


●クラミジアなどによる性感染症等の炎症で卵管が癒着



●子宮内膜症や虫垂炎など、骨盤内などに炎症が拡大してしまうことで卵管内が癒着してしまう




※卵管閉塞には自覚症状が無く、卵管内へ炎症がもとで卵管が癒着しても、気が付かないというケースがほとんどなのです。

スポンサードリンク











治療法は?妊娠できるの?



●卵管に完全なる閉塞が見られる場合は、腹腔鏡手術などを行い、卵管形成手術を行います。



卵管が完全にふさがっている状態では無い場合には、造影剤や生理食塩水などを通し
(卵管通水法)卵管のつまりを取り除く方法も。




卵管は2本あるので、卵管閉塞が片方にのみ見られた場合は、妊娠の可能性はゼロではないため、様子を見る場合もあります。



※卵管鏡下手術や腹腔鏡手術など、年齢が若年だったり、自然妊娠が望めそうであると
判断された場合は医師と相談の上、卵管閉塞の治療を希望することはできます。




両側卵管閉塞の場合は?



自然妊娠は不可能とされ、卵管鏡下手術や癒着剝離術など、手術によって卵管が通過した状態にし
て自然妊娠を目指すか、体外受精によって妊娠を目指すかしか道がありません。




「手術か体外受精か」年齢を考え迷わず体外受精を選択



治療方法・妊娠への取り組みは医師・パートナーと相談してください。


※一度卵管内子宮外妊娠を経験されていて、無事な方の卵管に閉塞がある場合、卵管再形成手術を受けたとしても、再び子宮外妊娠となってしまったり




再閉塞のリスクもあるので、医師は体外受精を勧めます。


医師の判断に従い、治療を進めてみて下さい。


スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

「不妊」妊娠しにくい女性の「働き方」?ハーバード大が発表 [女性不妊の原因]

スポンサードリンク









女性の社会進出が活発となり、現在では多くの女性が職場の第一線で活躍している。




安倍内閣が経済再生のために掲げる3本の矢の1つである成長戦略の中にも、“女性が輝く
日本へ”というテーマが含まれている。




昨年、働く女性が妊娠に不利になるとの研究結果が
アメリカ・ハーバード大学のAudrey J Gaskins氏らの研究チームによって報告された。






週に40時間以上の勤務は妊娠を妨げる?



 Gaskins氏らは、2010年から2014年に行われた看護師に対する全国調査の結果を基に、
研究論文を発表した。



この研究では、妊娠しようと試みている1,739名の女性看護師を対象として労働と妊娠の関係を調査した。




 Gaskins氏らの報告によると、これらの看護師のうち、16%が12カ月以内に妊娠をすることができず、
5%は2年後にも妊娠をしていなかったとのことである。




そして、1週間に40時間以上働いている女性は、1週間に21~40時間働いている女性と比べて
、妊娠までにかかる期間が20%も増加するということが明らかとなった。

スポンサードリンク








重い荷物の持ち運びも不妊の原因に




 Gaskinsらは、重い荷物を頻繁に持ち上げたり運んだりすることも妊娠までに要する期間を延長させる、
とも報告している。




 研究では、25ポンド(11.34kg)以上の荷物を毎日複数回、持ち上げたり運んだりすることで、
妊娠までの期間が約50%も延長したことが示された。




 また、研究対象者の44%は過体重あるいは肥満であったが、荷物の持ち運びが妊娠までの
期間に与える影響は、過体重・肥満の女性においてより顕著であった。




妊娠しやすい身体を作るために



 研究結果から、週に40時間以上の勤務、そして重い荷物の持ち運びが妊娠するまでの
期間を延長させるということが明らかとなった。





重労働は身体的負担と時間的制約の2つの面から、女性看護師の妊娠能力に悪影響を及ぼすと
Gaskins氏は言う。




 また、激しい労働によって疲れた状態で帰宅することが、性行為の頻度を減少させるという
シンプルな理由も考えられる。



オハイオ州立大学の生殖保健学の専門家であるCourtney Lynch氏は、妊娠を希望するのであれば
、少なくとも週に2回以上の性行為を推奨している。




 また、適正体重の維持や適度な運動、ストレス発散、禁煙なども、妊娠の確率を高めるためには
効果的である。




 女性の活躍を推進することが、不妊の原因になるとしたらそれは大きな問題であることは言うまでもない。




「社会に出て働こう」というだけでなく、その働き方についても目を向けていかなければならない。

参考・引用

参考:REUTERS:Women who work or lift a lot may struggle to get pregnant http://www.reuters.com/article/us-health-fertility-workers-idUSKCN0QJ2A220150814


スポンサードリンク




















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊の原因!女性の卵管が狭いのと男性の受精能力が低い精子が原因 [女性不妊の原因]

スポンサードリンク







不妊原因の割合は?



女性不妊だけが原因である不妊カップルは全体の40%、
男性不妊だけが原因であるカップルは24%、





男女両方に原因があるカップルが24%という統計結果が出ている通り、
48%は男性側にも原因があることが分かっています。



残りの2%は男女共にこれといった異常が見つからない
原因不明のものであり、これには男女の体液や粘液の



相性が合わないことなどが原因ではないかと考えられています。




女性の膣には異物の侵入を防ぐ機能を持つ粘液があるため、精子はこの粘液を突破して
卵管へと侵入しなければならないのですが、精子と粘液との相性が合わずどうしても
粘液を突破できない場合があります。

スポンサードリンク









また精子には卵子のバリアを突破する酵素が備わっているのですが、
これも相性によっては突破できず、受精に至らないことがあるのです。




卵管が狭い 女性・受精能力が低い精子 を持つ男性 が重なった場合!



女性不妊の主なものには卵巣機能の低下などによる
排卵トラブル、卵管が詰まったり狭くなったりしている卵管トラブル、





受精卵が子宮にたどり着いたものの、うまく着床できない子宮トラブルなどがあげられます。




しかし前述の通り、女性不妊のみが原因であるケースは
全体の4割ほどでしかなく、残りの6割中半数が男女共に原因を有していると考えられるのです。




・例えば卵管が狭い(女性側) ・受精能力のない精子が射出される(男性側)など、2つ以上の原因が重なり合って

不妊となっている場合が少なくないようです。

スポンサードリンク























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊の原因は冷え性を改善を?不妊の原因ではありません [女性不妊の原因]

スポンサードリンク







「冷え性を改善すると不妊治療効果があがる」。そんな情報がネットで流れています。
しかし、記載されている内容には、本当なのかと疑問に思うものもたくさんあります。




しかし、「冷え性を放置したから不妊になった」とか、
「冷え性のせいで不妊症が治らない」と思い込み、真剣に悩まれる方もいます。




体を冷やすことは健康に良くないことはその通りで、
風邪をひいたり、体調を崩したりします。




しかし、子宮が冷えたり、卵巣が冷えたりすることはありません。




ヒトは恒温動物であり、体温は一定に保たれるとされています。



またたとえ手足は冷たくなっても、体の中央部は暖かく保たれるように工夫されています。




不妊症の患者さんを診察していて、患者のみなさんが毎日測定される基礎体温が
比較的低い方がいらっしゃいます。





でも、その方が治療に反応せず妊娠しにくいということはありません。


スポンサードリンク









不妊症になると、こまかなことでもとても気になるのは、よくわかります。



でも、不妊にならないようにとか、不妊治療の効果を上げるためになどと思わず、もっと気楽に、
ふつうの健康維持の一つとして、体を冷やさないようにしていただけばよいと思います。




<アピタル:男女で知って欲しい「妊活」・不妊治療>

スポンサードリンク





















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | - 女性不妊の原因 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。