So-net無料ブログ作成
不妊治療の助成金 ブログトップ
前の10件 | -

埼玉県不妊治療助成拡大し43歳から35歳に全国初 [不妊治療の助成金]

埼玉県は、少子化対策の一環として、不妊治療にかかる
費用への助成を拡大し、




現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、
35歳未満の女性には初回の治療に限りさらに



最大で10万円を上乗せする方針を固めました。




県によりますと、対象年齢を引き下げて上乗せを
行うのは、全国で初めてだということです。




埼玉県は、少子化に歯止めがかからない現状を
改善しようと新年度から不妊に悩む夫婦への支援を
強化する方針を固めました。





具体的には、まず不妊検査にかかる2万円の費用を
県が負担するということです。




そして不妊治療にかかる費用への助成を拡大し、
現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、




35歳未満の女性には、初回の治療に限り、
最大で10万円を上乗せするということです。




県によりますと、助成の上乗せは、13の都と県で
すでに行われているということですが、




対象年齢を引き下げるのは、全国で初めてだとい
うことです。




これについて専門家からは、「不妊に悩む人に
早いうちからの治療を促す意味で、
効果的ではないか」と話しています。





このほか埼玉県では、3人以上の子どもが生まれた
家庭に、最大で10万円分のクーポン券などを




配布する事業も行う方針で、少子化対策を強化する
ことにしています。




不妊治療助成 専門家「手助けになる」
埼玉県が、新年度の予算案に不妊治療の




公的助成の拡大を盛り込んだことについて、
埼玉医科大学の石原理教授は「日本では、




海外と比べて不妊治療を受けている人の平均年齢が高く、女性の年齢が上がるとともに、




治療が出産につながる割合が大きく下がる現実がある。




不妊に悩む人は、早いうちに治療することが必要だ。



しかし若いと収入が少なく、不妊治療に取りかかれないという声も聞いていたので、今回の助成が、




こうした人への手助けになるのではないか」と
話しています。

NHK NEWS WEB
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療助成を拡大!北海道千歳市「人工授精」対象に [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク








子育て施策に力を入れる市は新年度から、不妊治療の助成範囲を拡大し、新たに一般不妊治療の「人工授精」も対象に加える。



千歳市は15年度から、1回30万円程度かかる体外受精や顕微授精の特定不妊治療について、1回15万円の道の助成に上乗せする形で、独自に1回当たり最大5万円の助成を始めた。




当初は年間90件の申請を見込んでいたが、12日現在で既にのべ84件の支給が決まっており、
最終的には120件を超える見通しという。





 市健康推進課は「子供を希望する人を経済的に後押ししたい」と説明している。




市によると、道内で市が一般不妊治療の助成をしているのは現在、岩見沢と滝川、伊達、網走の4市。


女性が43歳未満で所得が730万円未満の夫婦が対象。回数に制限はないが年間3万円までで、



通算2年間助成する予定。1年間で50件の申請を見込んでいる。


スポンサードリンク








スポンサードリンク

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療の助成倍増!岡山県真庭市が県と併用も! [不妊治療の助成金]





真庭市は4月から、不妊治療に対する年間助成額の上限を現行の2倍となる20万円に引き上げ、
岡山県の助成とも併用できるようにする。


同市によると、助成額、対象要件とも県内最高水準という。


市は05~14年度に計58件455万円を助成したが、県の助成対象者は同時適用されず、婚姻期間1年以上といった条件もあった。



流産や死産を繰り返す不育治療費助成(年間上限30万円)についても4月から、不妊治療と同様に適用条件を緩和する。



太田昇市長は「経済的、精神的に負担が大きい不妊治療などをサポートしたい」と話している。

スポンサードリンク






対象は、排卵日を予測するタイミング療法やホルモン療法、人工授精など一般不妊治療のうち、




公的医療保険が使えない治療と、特定不妊治療で県補助がある体外受精や顕微授精。



市内に1年以上居住予定の婚姻者なら、年間20万円まで必要な回数を受けられ、治療期間の制限もない。

スポンサードリンク








スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

佐賀県佐賀市が不妊治療支援増額へ !最大で2倍の20万円 [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク







子どもを産み育てやすい環境を整備しようと、佐賀市は新年度から治療を受ける夫婦への助成金を最大でこれまでの2倍に増やすことになりました。




しかし、経済的な負担が重いことなどを理由に治療をためらっている人も多いとして、佐賀市は支援を強化することにしたものです。




佐賀市健康づくり課の百崎哲也課長は、「助成を上積みすることで経済的に厳しい若い世代も積極的に治療を受けるきっかけにして欲しい」と話しています。




佐賀市では、高額の不妊治療を受けている人に最大で10万円を助成する制度を設けていて昨年度、利用したのは277件と5年前の1.4倍に増えています。




夫婦の所得の合計が年730万円以下などの条件はありますが、国と県の助成と合わせて利用することで負担軽減につなげたいとしています。




具体的には精子と卵子を取り出して体外で受精させるなど、高額な治療を受けた夫婦に対し、支援を申請した年度に限って助成額を5万円増やすほか、




女性が35歳未満だった場合は、さらに5万円上積みし最大でこれまでの2倍の20万円が助成されるとしています。


スポンサードリンク









スポンサードリンク
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

【不妊治療助成】福岡県久留米市が初回の上限35万円に!男性も新設  [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク







不妊治療にかかる費用について、福岡県久留米市は
2月から治療費の助成を拡充する。




女性に対する助成上限額を引き上げるほか、男性の不妊治療についても、新たに助成対象とする。





子供を望む一方、費用負担のため不妊治療を見送っている夫婦が、治療を受けやすくするための措置。





久留米市健康推進課によると、現在の助成は、体外受精など健康保険が適用されない
特定不妊治療が対象で、1回当たり7万5000〜20万円。




新制度では初回の治療について、補助上限額を35万円に引き上げる。





上限額引き上げの対象は初回だけだが、市は
「費用面のハードルが下がって利用しやすくなるのでは」と期待する。




また、これまで対象外だった無精子症など男性の不妊治療についても、当該年度の初回の治療で
20万円、2回目以降は15万円の助成が受けられるよう、制度を新設する。





助成の拡充は国の補正予算成立を受けた措置だが、市も独自に助成を上乗せする。





一方、4月以降は43歳以上の女性は制度の対象から外れる。




助成対象は所得が計730万円未満の夫婦で、1月20日以降に完了した治療費が対象。
申請受け付けは2月1日から。




 市健康推進課によると、市内で2014年度に助成を受けたのは222人。



うち約4割が出産したという。宮本敬子・保健担当部長は「早い時期に助成制度を利用してもらいたい」
と話している。


事前に窓口(保健所健康推進課)




http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2060hokeneisei/3020boshihoken/2008-0318-1910-469.html
スポンサードリンク















不妊治療にかかる費用について、福岡県久留米市は
2月から治療費の助成を拡充する。




女性に対する助成上限額を引き上げるほか、男性の不妊治療についても、新たに助成対象とする。





子供を望む一方、費用負担のため不妊治療を見送っている夫婦が、治療を受けやすくするための措置。





久留米市健康推進課によると、現在の助成は、体外受精など健康保険が適用されない特定不妊治療が対象で、1回当たり7万5000〜20万円。




新制度では初回の治療について、補助上限額を35万円に引き上げる。





上限額引き上げの対象は初回だけだが、市は
「費用面のハードルが下がって利用しやすくなるのでは」と期待する。




また、これまで対象外だった無精子症など男性の不妊治療についても、当該年度の初回の治療で20万円、2回目以降は15万円の助成が受けられるよう、制度を新設する。





助成の拡充は国の補正予算成立を受けた措置だが、市も独自に助成を上乗せする。





一方、4月以降は43歳以上の女性は制度の対象から外れる。




助成対象は所得が計730万円未満の夫婦で、1月20日以降に完了した治療費が対象。申請受け付けは2月1日から。




 市健康推進課によると、市内で2014年度に助成を受けたのは222人。



うち約4割が出産したという。宮本敬子・保健担当部長は「早い時期に助成制度を利用してもらいたい」と話している。
毎日新聞


事前に窓口(保健所健康推進課)

スポンサードリンク






















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

福岡県と福岡市が不妊治療助成金を拡充!男性不妊にも助成金 [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク





福岡県県と福岡市は21日、不妊治療費用の助成範囲を拡充すると発表した。



福岡県と福岡市はこれまで、1回30万〜50万円と高額な体外受精などの不妊治療を受ける場合、
15万円を上限に助成してきたが。


拡充後は初回の助成費を30万円に引き上げ、負担を軽くする。



3市を除く57市町村分を担当し、1月末から申請を受け付ける予定。




助成費用は国と地方自治体が折半し、県の拡充分は
2500万円。




福岡県健康増進課などによると、助成の対象は世帯所得
730万円未満の夫婦。




不妊治療の需要は晩婚化などを背景に広がっており、
県内の助成件数は2009年度の2907件から、



14年度は5297件に増加している。






福岡市も当面は既定予算で対応し、2月1日から申請手続きを始める。



北九州市と久留米市も同様の拡充を検討している。



また、不妊の要因が男性にあり、精子を採取する手術を 夫が受けた場合は、別途1回につき最大15万円を助成 する。




政府の関連補正予算の成立を受けた措置で、男性に原因がある場合は新たに助成が上乗せされる。





現行の国の制度は助成対象に年齢制限はないが、4月以降は妻が43歳未満に見直される。


福岡県健康増進課

スポンサードリンク








スポンサードリンク





















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

福岡県が不妊治療の助成拡大と男性の不妊治療にも助成 [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク





福岡県の小川知事は会見で、




国の補正予算に不妊治療の助成拡大が盛り込まれたことを受け、県としても不妊に悩む夫婦などに新たな支援を行うことを明らかにした。





福岡県は、不妊治療を受ける際の助成費用を増額し、新たに男性の不妊治療に対する支援もはじめることを表明。





県ではこれまで女性の不妊治療について1回につき最大
15万円を補助していたが、




今後は初回の治療費分については最大30万円までと拡大、経済面での負担を軽減することに。




加えて、新たに男性の不妊治療についても最大15万円まで補助することを決める。




助成に関する申請の受け付けは1月末からの予定で、
詳しくは県の保健福祉事務所に問い合わせをと話す。



福岡県保健福祉事務所はこちら


http://www.pref.fukuoka.lg.jp/desaki/kakubu_syubetsu_9100010.html


スポンサードリンク








スポンサードリンク
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

島根県不妊治療費の助成金と医療費控除?費用と治療の種類は? [不妊治療の助成金]


スポンサードリンク




知らないと損する高度生殖医療の保険適用外の「体外受精」と「顕微授精」を行った方が対象となります。






各市町村により、助成金が支給される回数や、対象年齢などが異なるので、



ご自身が助成金を受給される対象となっているかは、お住まいの市町村のホームページや、
厚生労働省にお問い合わせを。




島根県(松江市、安来市除く)

松江市(一般不妊治療)

安来市(一般不妊治療)






不妊治療には、大きく分けて


●「一般不妊治療」と


●「高度生殖医療」の2種類があります。

 ※ 特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



〈主な不妊治療法〉



・一般不妊治療……タイミング法、ホルモン療法、人工授精


・高度生殖医療……体外受精、顕微授精、凍結胚移植
 ※ 特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



■一般不妊治療には、「タイミング法」、「ホルモン療法」、「人工授精」の3つがあり



【タイミング法とは】

排卵日のタイミングを予測し、排卵日の前後に性交を行う方法


排卵日の予測には、基礎体温や、ホルモン(エストロゲン・黄体ホルモン)の数値、おりものの様子などが参考になる


費用:2000~200000円程度(保険適用内)


スポンサードリンク










【ホルモン療法】

妊娠を助けるホルモンを補ったり、ホルモンの分泌を促したりするために、ホルモンを使う方法


黄体ホルモンや、排卵誘発剤を使った方法です
注射や服薬で体内に取り入れます。


※排卵障害・造精機能障害・子宮内膜症・着床障害などの場合に用いられます


費用:2000~200000円程度(保険適用内)



【人工授精】


タイミング法と同様、排卵日を予測し、精子を子宮に入れる方法


・不妊の原因が明らかでない、


・性交障害がある、


・精子が少ない・


・運動性が低い、


・女性が高齢である、といった場合に用いられます


身体への負担が少ないのも特徴です


費用:1~5万円程度(保険適用外)




■高度生殖医療
※特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



一般不妊治療で妊娠ができない場合や、女性が40歳以上の場合、卵管がふさがっている場合



一般不妊治療に比べ、身体や費用の負担が増えますが、自然妊娠が不可能な方にも、
妊娠の可能性があります




【体外受精】


受精を体外で行い、受精・細胞分割した卵を、子宮内に入れる方法です。
人工授精で妊娠ができず、卵巣や精子に問題がある場合に行われる


費用:30~50万円程度(保険適用外)



【顕微授精】



精子と卵子を採取し、体外顕微鏡で見ながら、卵子の中に精子を注入して、受精させる方法です。


体外受精で妊娠しない場合や、精子減少症や、乏精子症の方に行われる


費用:30~50万円程度(保険適用外)



【凍結胚移植】


体外受精させ、胚(生き物の細胞が発生する初期段階)となったものを凍結させ、
排卵のタイミングに合わせて子宮に移植する方法


費用:13万円前後


不妊治療の助成金と医療費控除の関係性は?

http://kounotori2016.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19


スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療の助成金を利用しても【医療費控除】を受けられる! [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク





不妊治療は保険が適用されないため、費用負担が重くのしかかります。



しかし2004年から特定不妊治療支援事業として「特定不妊治療費助成制度」がスタートし、
不妊治療を受けている方々に助成金が支給されます。



●医療費控除の対象になる不妊治療の費用は?


不妊治療の医療費控除の対象となる費用は、


・不妊治療の検査代、 ・治療費、 ・お薬代、 ・不妊治療のための鍼治療やマッサージ代です。




・その他、病院に行くときの往復の交通費も対象となります。



電車やバスなど交通機関を使用した日と交通手段、 駅名、料金を忘れずにメモしておきましょう。



スポンサードリンク






●助成金と医療費控除の関係性は?




高額になる体外受精の医療費は、確定申告における医療費控除の対象になります。




医療費控除を受ける場合、医療費控除に関する事項を
記載した確定申告書を税務署に申告する必要があります。




不妊治療の助成金を受給した場合、助成金相当分を医療費控除から除外する必要があります。




領収書に特定不妊治療費助成金を受けたことを証明する領収書が必要になります。





確定申告書等作成コーナーでは、医療費集計フォームを利用して、支払った医療費など
のデータを読み込むことができます。



●医療費集計フォームとは?



医療費集計フォームは、支払った医療費を一定の表計算ソフト(エクセルなど)で入力・集計するための
フォーマットです。




医療費集計フォームに入力・保存したデータは、確定申告書等作成コーナーの医療費控除画面で読み込み、



反映することができますので、医療費の領収書の枚数が多い方は、医療費集計フォームを
利用した入力が便利です。




●医療費控除の金額は


1年間の不妊治療費から助成金を差し引いた金額が10万円を超えていれば、上限200万円までの間で
控除対象になります。




不妊治療には継続的にお金がかかるので、領収書の保管など、治療費用はしっかり把握して、
確定申告を忘れずに行いましょう。



●共働きの場合の請求者はどちらが良いか?


生計が同じ家族で申請するので、夫婦ともに収入がある場合、どちらからでも医療費控除の申請ができますが、




収入が多い方で申請した方が金額が多く戻ります。


●医療費控除の申請はどこに申請するの?


最寄りの税務署に、確定申告書と必要書類を一緒に提出します。


地域により確定申告の時期になると、区役所などで出張相談を行っている場合もあるので確認して下さい。

スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

千葉県不妊治療費の助成金と医療費控除?費用と治療の種類は? [不妊治療の助成金]

スポンサードリンク





知らないと損する高度生殖医療の保険適用外の「体外受精」と「顕微授精」を行った方が対象となります。






各市町村により、助成金が支給される回数や、対象年齢などが異なるので、



ご自身が助成金を受給される対象となっているかは、お住まいの市町村のホームページや、
厚生労働省にお問い合わせを。



千葉県内(千葉市、船橋市、柏市を除く)


千葉市



船橋市



柏市







不妊治療には、大きく分けて


●「一般不妊治療」と


●「高度生殖医療」の2種類があります。

 ※ 特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



〈主な不妊治療法〉



・一般不妊治療……タイミング法、ホルモン療法、人工授精


・高度生殖医療……体外受精、顕微授精、凍結胚移植
 ※ 特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



■一般不妊治療には、「タイミング法」、「ホルモン療法」、「人工授精」の3つがあり



【タイミング法とは】

排卵日のタイミングを予測し、排卵日の前後に性交を行う方法


排卵日の予測には、基礎体温や、ホルモン(エストロゲン・黄体ホルモン)の数値、おりものの様子などが参考になる


費用:2000~200000円程度(保険適用内)

スポンサードリンク









【ホルモン療法】

妊娠を助けるホルモンを補ったり、ホルモンの分泌を促したりするために、ホルモンを使う方法


黄体ホルモンや、排卵誘発剤を使った方法です
注射や服薬で体内に取り入れます。


※排卵障害・造精機能障害・子宮内膜症・着床障害などの場合に用いられます


費用:2000~200000円程度(保険適用内)



【人工授精】


タイミング法と同様、排卵日を予測し、精子を子宮に入れる方法


・不妊の原因が明らかでない、


・性交障害がある、


・精子が少ない・


・運動性が低い、


・女性が高齢である、といった場合に用いられます


身体への負担が少ないのも特徴です


費用:1~5万円程度(保険適用外)




■高度生殖医療
※特定不妊治療(とくていふにんちりょう)



一般不妊治療で妊娠ができない場合や、女性が40歳以上の場合、卵管がふさがっている場合



一般不妊治療に比べ、身体や費用の負担が増えますが、自然妊娠が不可能な方にも、
妊娠の可能性があります




【体外受精】


受精を体外で行い、受精・細胞分割した卵を、子宮内に入れる方法です。
人工授精で妊娠ができず、卵巣や精子に問題がある場合に行われる


費用:30~50万円程度(保険適用外)



【顕微授精】



精子と卵子を採取し、体外顕微鏡で見ながら、卵子の中に精子を注入して、受精させる方法です。


体外受精で妊娠しない場合や、精子減少症や、乏精子症の方に行われる


費用:30~50万円程度(保険適用外)



【凍結胚移植】


体外受精させ、胚(生き物の細胞が発生する初期段階)となったものを凍結させ、
排卵のタイミングに合わせて子宮に移植する方法


費用:13万円前後


不妊治療の助成金と医療費控除の関係性は?

http://kounotori2016.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19
スポンサードリンク
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の10件 | - 不妊治療の助成金 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。