So-net無料ブログ作成
検索選択

40歳で不妊治療をやめ、45歳で気づいたこと!ライターの吉田潮 [不妊症]

「産む人生」を歩むか、「産まない人生」を歩むか。


それは女に生まれた以上、誰もが一度はぶつかる二択です。


39歳から半年限定で不妊治療を始め、その後、
子供を持たない」という選択をしたライターの
吉田潮(よしだ・うしお)さん。



「子供がほしい」という病、そして不妊治療



相手に過剰なプレッシャーを与えてしまい、
関係は悪化した。

スポンサードリンク











異様なまでに要求しすぎて、相手を疲れさせて
しまった。



それまでは快楽優先で生きてきたのに、
セックスの定義が突如生殖目的になったからだ。



自分の首も絞めていたのだと思う。
大喧嘩の末、別れることに。




その男、実は今の夫である。



1年間別れて、なんだかんだで元鞘(さや)に
戻ったのだ。




そして、39歳のときに不妊治療に挑戦した。




お互いの年齢が年齢だけに、タイミング法や
人工授精はパスして、体外受精に着手した。




2回受けたが、1回は受精卵が着床せず、
2回目は稽留(けいりゅう)流産でうまくいかなかった。



約半年、計80万円をかけたが、とてもいい経験だったと思う。




子供のいない人生を歩こうと、決断できたから。




自分なりに、子供ができない科学的根拠というか、お墨付きがほしかったのかもしれない。



「不妊治療やってみたけど、できませんでした! だからもうつべこべ言わないで!」みたいな。





別に親類縁者につべこべ言われた記憶はそんなにないのだけれど、「努力はしました、金かけて頑張りました、でももうこれにて終了!」と、自分でもケリをつけたかったわけだ。




「自分が主語の人生」をいかに楽しむか



それから幾星霜……45歳にもなると、
親はボケ始めるわ、生理は月に2回もくるわ、



膝が痛いわで、否が応でも「老い」を
目の当たりにし始める。




もし、あのとき産めていたら子供は6歳かぁ…なんてことは一切考えない。




目の前の老いで精一杯。




エネルギーも時間も、すべて仕事だけに費やせる自由、自分のことだけ考えていればいい生活。



子供がいたら課されるであろう枷(かせ)もないが、子供がいたら得られるであろう豊かな糧もない。




でも、プラマイゼロもいいじゃないかと。





私は子供がいなくても「自分が主語の人生」をいかに楽しむか、だと思うようにした。





もちろん、子供ができなかった悔しさや己の不全感のようなものはゼロではなく、心の奥底に汚泥のようにこびりついていたりもする。




子育てしたことがない人にはわからないわよ」と妙にマウンティングするような人には心の中で舌打ちすることだってある。




でも、「わからないから、胸を張ってその苦労話を面白おかしいネタとして
教えてちょうだい!」と思うようになった。


スポンサードリンク










逆に「子供がいなくても、あたしゃ人生楽しいよ~」と浅香光代の口調で応えようじゃないか。




内海桂子師匠でもいいけれど。





ただし、実際にマウンティングしてくるような人は私の周囲にはいない。




母になった友達はみんな、子育ての苦労を面白く話してくれる。



子供という生き物の馬鹿さ加減、不甲斐ない夫への呪詛、面倒くさい義理家族の妄挙など、昼ドラレベルにネタはてんこもりなのだ。





「産む人生」と「産まない人生」を比べるな




産まない人生を選んだというか、選ばざるを得なかったわけだが、かといって、ことさらに「産まない人生もいいものよ!」とは言わない。





まずは産んだ人と産んでいない人を比べるのをやめることだ。




産もうが産むまいが、人生の選択肢を自分で決めてきたかどうか。



自分を卑下したり、人のせいにしたり、他罰に走ったりしないで、今を楽しめているかどうか。



そこが重要なのだと思う。





子供をもてなかった人が自分を欠陥品のように思わないこと、子供を産んだ人が「子供を産んでいなければ今頃……」と後悔しないこと。





最終的にはみんな同じように年をとって、ガハハハと笑いながら、尿漏れパッドをつけてあちこちへ嬉々としてつるんで出かけてゆくおばあさんになるんだよね。




子供がいる・いないでちょっとした壁ができるのも若いうちだけ。




年とったら仲良く長生きしていくのだと思いたい。





子供がいないのも、子供が苦手なのも個性
子供が苦手なことは今も変わりない。




でも、ありもしない母性アピールはしなくなった。




「子供が苦手」というのが自分の立派な個性になったからだと思う。




もちろん近寄ってきたら全力で接待する。




「お尻プリプリ星人~」と尻を振りながら、
子供を追いかけて喜ばせるくらいのスキルは身についた。




そういえば、子づくりの決意を母親に電話で話したときのこと。




当時は、秋田児童連続殺害事件で逮捕された畠山鈴香が話題になっていた。




母は開口一番「(子供を作っても)あんた、鈴香みたいになるからやめなさい」と暴言を吐いた。




正直驚いた。自分の子を殺す女にたとえられたのはショックだった。





この話を友人にしたところ、まったく別の解釈をしてくれた。





「お母さんは仕事を捨てるな、という意味で言ったんだと思います。




専業主婦になるしかなかった世代の人は、バリバリ働く娘を誇らしいと思っているし、




子供を産んで今の仕事を犠牲にするなと言いたかったんじゃない?」と。なるほど、と思った。





数年後、母親に暴言の本意を確認したのだが、
言った本人はすっかり忘れていやがった。




まあ、笑い話になったからよいのだけれど。
実はそのとき、もうひとつ、真実を知る。




潮「私が子供苦手だから、子育てを押し付けられるとでも思ったんじゃないの?」




母「そうだと思うわ。
私も忙しいし、子供が嫌いだから」




あ……そうなんだ……。「苦手」ではなく「嫌い」と言い切った母。子供が嫌いでも、ふたり産んで育てた母。



母は母性ではなく、個性で育ててくれたわけだ。
子供がいる人もいない人も、個性で生きていけばいいと教えてくれた気もしている。




子供がいないのも、子供が苦手なのも個性。
そう思うとラクだ、今もこれからも。

(吉田潮)

スポンサードリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

兵庫医科大病院が不妊治療専門の外来を開設!患者2倍に! [不妊記事]

兵庫医科大病院(西宮市武庫川町)が、不妊治療専門の外来を開設した。




これまで出産や更年期障害の診療などと一緒に行っていた産科婦人科から分離した。



不妊治療中の女性が妊婦を目にすることで感じる
不安を軽減するのが狙いで、



昨年12月の設置以降の約3カ月で患者が
前年同期比で約2倍に増えたという。

スポンサードリンク











 同病院ではこれまで、分娩のほか、
女性特有のがんや更年期障害などの診療とともに




不妊治療も一緒に産科婦人科で診療してきた。



しかし患者数の増加などから、12月に
「生殖医療センター外来」を設置。



不妊治療を専門に行えるようになった。


スポンサードリンク











 同科の柴原浩章教授によると、不妊治療中の
女性が妊婦を見ると「自分は妊娠できるのだろうか」などと不安に思うケースが多いといい、




「外来を分けることで妊婦と隣り合わせになることもなく、そうした不安軽減につながる」
と分離した理由を語る。





 総合病院内での不妊治療について、
柴原教授は「設備や多様な専門の医師がいることが強み」と強調。




近年の結婚や出産の高年齢化に伴い、糖尿病などの持病を治療しながら
不妊治療を求める患者も増えているという。




そうした合併症などへの対応やメンタルヘルス
並行して受診できるほか、妊娠・出産に至り、




その後の治療なども同じ院内で行えるメリットを
アピールする。




 同センターに来院した川西市の女性(33)は
「自分は初産ではないからそうでもないが、



不妊治療中に妊婦さんを見てうらやましくなる気持ちはよく分かる。



産科婦人科と分かれてよかったのではないか」と話していた。

兵庫医科大病院

http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/clinic/department/obstetrics_gynecology.html


産経ニュース抜粋


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

夜勤や交代勤務と妊娠との関連性はあり?女性の成熟卵が減る!? [不妊症]

夜勤や力仕事に従事する女性は受胎能が低下する可能性があることが、
新たな研究で示唆された。不妊治療を受ける女性を対象とする研究で、
そのような女性に「成熟」卵が少ない傾向が認められたという。


スポンサードリンク








 この研究は「Occupational & Environmental Medicine」オンライン版に
2月7日掲載された。



 ただし、この知見は慎重に受け止める必要がある。研究を率いた
ハーバード大学公衆衛生学部(ボストン)のLidia Minguez-Alarcon氏は、


このような仕事に従事する女性は「卵子の質」に影響を及ぼす別の
環境因子にも曝されている可能性があると指摘する。



 今回の研究に関与していない専門家である米ニューヨーク大学(NYU)
ランゴン不妊治療センター(ニューヨーク市)のJames Grifo氏は、



この知見は直接的な因果関係ではなく、特定の仕事環境と妊孕性の指標の
関連性を示したにすぎないと指摘。


こうした研究がかえって女性のストレスや罪悪感の
原因となるのではないかと懸念している。


夜勤や力仕事で働く女性の成熟卵が少ない


 この研究では、1カ所の不妊治療センターで体外受精(IVF)を
受けた女性約500人を調査した。IVFでは排卵誘発剤を用いてなるべく


多数の成熟卵を採取するため、各患者から得られた卵子の
数を正確に知ることができる。


 その結果、夜勤や交代勤務(シフトワーク)で働く女性は、
昼間働く女性に比べて、成熟卵が平均約2個少なかった。


また、力仕事をしていた女性はそうでない女性に比べて、
成熟卵が平均1個少なかった。


この影響は、過体重肥満、高齢の女性で特に大きかった。

ヘルスプレス抜粋

スポンサードリンク










スポンサードリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

埼玉県不妊治療助成拡大し43歳から35歳に全国初 [不妊治療の助成金]

埼玉県は、少子化対策の一環として、不妊治療にかかる
費用への助成を拡大し、




現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、
35歳未満の女性には初回の治療に限りさらに



最大で10万円を上乗せする方針を固めました。




県によりますと、対象年齢を引き下げて上乗せを
行うのは、全国で初めてだということです。




埼玉県は、少子化に歯止めがかからない現状を
改善しようと新年度から不妊に悩む夫婦への支援を
強化する方針を固めました。





具体的には、まず不妊検査にかかる2万円の費用を
県が負担するということです。




そして不妊治療にかかる費用への助成を拡大し、
現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、




35歳未満の女性には、初回の治療に限り、
最大で10万円を上乗せするということです。




県によりますと、助成の上乗せは、13の都と県で
すでに行われているということですが、




対象年齢を引き下げるのは、全国で初めてだとい
うことです。




これについて専門家からは、「不妊に悩む人に
早いうちからの治療を促す意味で、
効果的ではないか」と話しています。





このほか埼玉県では、3人以上の子どもが生まれた
家庭に、最大で10万円分のクーポン券などを




配布する事業も行う方針で、少子化対策を強化する
ことにしています。




不妊治療助成 専門家「手助けになる」
埼玉県が、新年度の予算案に不妊治療の




公的助成の拡大を盛り込んだことについて、
埼玉医科大学の石原理教授は「日本では、




海外と比べて不妊治療を受けている人の平均年齢が高く、女性の年齢が上がるとともに、




治療が出産につながる割合が大きく下がる現実がある。




不妊に悩む人は、早いうちに治療することが必要だ。



しかし若いと収入が少なく、不妊治療に取りかかれないという声も聞いていたので、今回の助成が、




こうした人への手助けになるのではないか」と
話しています。

NHK NEWS WEB
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊専門相談 東京都杉並区 保健所 [不妊症]

不妊専門相談 東京都杉並区 保健所



開催日

平成29年2月21日(火曜日)


開催時間


(1)午後1時30分 (2)午後2時10分 (3)午後2時50分 (4)午後3時30分


対象


一般
区内在住・在勤の方


開催場所

杉並保健所

杉並区荻窪5丁目20番1号 電話:03-3391-1355



杉並保健所

内容

不妊外来を担当する看護師が、不妊についての
専門的な相談に個別に応じます。


ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。
申し込み

必要


電話で、杉並保健所健康推進課健康推進係
(電話:03-3391-1355)へお申し込み下さい。


http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/hoken/hokenjo/1006397.html


定員各1名(申込順)


妊娠や不妊に関する相談を各保健センターで行っています。



また、杉並区では特定不妊治療費の助成をしています。


詳細は、下記関連情報「特定不妊治療費助成」をご覧ください。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療の体外受精の費用があまりに高いのはなぜ? [不妊治療]

クリニックのWEBサイトにも記載がある費用。
かなり誠実に詳しく書かれているものもあれば、
かなりあいまいに書かれているものもあります。




ある読者の方から頂いたメールには、最初のカウンセリングでは
体外受精で50~60万円程度と聞いていたのに、最終的には100万円近くかかってしまった、
というきちんとした説明を受けられなかったパターンも見受けられます。


スポンサードリンク











しかし、なぜこんなにも開きがあるのでしょうか? 高度生殖医療を受ける際には
以下のことに注意が必要です。



まず、高度生殖医療というのは「自由診療」であり、健康保険が使えないということ。よって、
すべてが「自費扱い」になってしまうのです。ここをまず理解しておいてください。



そして、自由診療というのは寿司屋でいう「時価」です。
ですので全ての病院で一律なのではなく、クリニックの状況や考え方で
値段が大きく変わってくることがあります。




同じ体外受精でも100万円以上かかるクリニックもあれば、大学病院のように
10万円台でできるところもあるのはこのためです。



体外受精の料金で知っておくべきこと

治療には身体と心とお金のバランスが大事です。
体外受精の料金で気をつけなけばらないポイントは2つあります。



一つは「検査費用と薬剤費を料金表の中に明確に書いていないところが多い」ことです。
これは悪意を持ってそのようにされているのではありません。



検査も薬も人によって行う検査や薬の量が違うから一概に書けないという部分があるからです。
しかし、医療機関側も配慮の足りない部分が多いのも事実です。



そしてもう一つは、「培養技術の部分で凍結卵にしなければならない時の凍結費用や
卵のう化(殻を取り除く)を促進するハッチングの費用」も人によって行ったり、行わなかったりするため。


スポンサードリンク









この部分も場合によっては費用にかかる訳です。




よって、自分が体外受精をする時には基本費用に上記の費用を
上乗せして考えなければいけません。



患者さんは表示の金額をそのまま見積もって、治療に望む方が多いので
後から「こんなにかかったのか!」と驚かなければならないことになるわけです。



クリニックで費用確認をする時の6ヶ条


高額な治療費用に悩まれている方も多いのは事実


医療機関側も治療費の説明の部分は一番ナーバスな部分。
できるだけ患者さんを刺激しないように説明をするのですが、
このため逆にきちんと意図が伝わらず、前述のようにトラブルになるケースも
見受けられるのです。



クリニックで料金の話になったら、まず下記の事に気をつけて話を進めてください。


■気をつけるべき6ヶ条

1) まず総額でどれぐらいかかる可能性があるのか?

2) それ以上の費用がかかるかどうかの確認

3) それ以上かかる場合、その費用の明細はどうなっているのか?

4) WEBサイトの費用と差がある時、なぜ表示と違うのか?

5) 高度生殖医療の場合はDrサインの入った見積書を出してもらうこと

6) 納得がいかない場合には安易にサインせず、きちんと納得してから先に進むこと



人工授精や体外受精を受ける前に一般不妊治療を行いますが、
その場合はほとんどが保険診療になりますので治療費も薬剤費も3割負担で済みます。


よって、そんなに高い治療費がかかることはありません。


お金も身体も大事にして着実な治療を


不妊治療貯金をされている方も多いようです。



高度生殖医療に移行してくると急に費用が高くなるので、
経済的に大変だと言われるのも無理はありません。



私の友人の中にも、5年間のボーナスをすべて不妊治療に使ったという人もいます。




高い費用をかけても妊娠率は30%程度と低いわけですから、
賭けのようなものです。よって、治療する時はベストコンディションと納得のいく
治療をすることにより、その確率を上げなければいけません。



お金も大事に、そして身体も大事にすることが最終的なコストパフォーマンスを
よくすると思います。


また、治療費については継続して書いていきたいと思います。


不妊症 ガイド 池上 文尋

スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療するのに000万円かかるって本当? [不妊治療]

不妊治療費には2つの支払いの種類がある


よくある質問で「不妊治療ってお金かかるのでしょう!」という問いがあります。
この問いには様々な意味があります。

スポンサードリンク










不妊治療は特別な治療をするから高いのでは?




テレビのドラマで見たけど長い間かかるのでは? とか様々なことを思い巡らせてこういう
質問になるのだろうと思います。



それでは基礎的なことからお話をしたいと思います。



医療の支払い方法には2つの種類があります。1つは健康保険が関わっている
「保険診療」と、もう1つは健康保険はまったく関わっていない「自由診療」です。



保険診療の場合、個人が医療機関で医療行為を受けると、その医療費は
次のような流れで決済されます。


●個人がその場で支払う自己負担(3割)→医療機関へ


●自己負担以外の額は、支払基金による審査を経て、個人が加入する
保険者(健康保険組合等)7割→医療機関へ


自由診療の場合はすべて患者さんの負担になり、かかった費用はすべて
患者さんから医療機関に支払うことになります。



そして不妊治療の場合、保険診療に該当するのは下記の通りです。


【保険診療で行える治療例】

・タイミング療法

・クロミッド療法

・HMG-HCG療法

保険診療の場合、基本的には患者さんの3割負担ですから費用が安く済むことは
お判りいただけるかと思います。



残りの7割は自分で毎月支払われている健康保険と国や市町村の
税金から支払われることになります。




スポンサードリンク








不妊治療の初期の検査や治療においては保険診療が可能です。



治療で言えば、簡単なカウンセリングや血液検査、タイミング療法や排卵誘発剤による
治療も保険でカバーされます。


また不妊治療においてすぐに「体外受精をしましょう」と薦める医療機関がありますが、
まだ年齢も若く、特に体外受精等の適応ではない場合はまずはステップアップ治療を
されることが治療費の軽減に大きく結びつくことがお判りいただけるかと思います。




次に不妊治療において自由診療(保険診療外)に該当するものは下記の通りです。


【自由診療の治療例】

・人工授精法

・体外受精(投薬も検査もすべて自由診療になります)

・顕微授精(投薬も検査もすべて自由診療になります)

・卵子・精子凍結

・アシステッドハッチング



人工授精やART(高度生殖医療)に移行してくると保険はまったく使えなくなります。
検査も高度なものになりますが、それも保険が効かなくなります。



「自由診療」と呼ばれる分野になるわけです。他で例をあげると眼科の近視のための
手術(LASIK)や美容整形外科や歯科の審美歯科などが同じような自由診療になります。



自由診療では保険診療のように国が値段を決める診療報酬とは違い医療機関ごとに値段が違います
。それは医療機関が自由に決めているということです(寿司屋の言い値みたいなものですね)。




体外受精の金額は皆様もご存知の通り、医療機関によってその費用は大きく違います。
幅は安いところは10万円台から高いところなら100万円ぐらいまであります。




平均的に大体20〜40万円の間、顕微授精で30〜50万円程度の費用がかかります。
よって体外受精以上の不妊治療を行うと飛躍的に治療費がかかるということになります。



場合によっては10回以上もする方がおられるのでその費用は膨大なものになります。




この数年で増えてきているのが海外での卵子提供による不妊治療です。
年齢が高い場合やガン治療等で自分の卵子が使えない女性が海外で卵子を
提供してもらって移植し、自分のお腹で育てるという方法ですが、


大体350〜500万円ぐらいかかります。


代理母出産にいたっては1000万円〜の費用がかかります。
こういう情報も不妊治療は高いという根拠の1つになっているようです。



それから余談ですが、薬の部分は保険を使って、体外受精の技術の部分だけを
自由診療とできないのか? という質問が出てくるかと思います。



このような診療を「混合診療」といい、現在の診療報酬の中では原則認められていません。
しかし、徐々に解禁に向けて動きがあることは事実で、柔軟性のある診療報酬体系が
求められるところです。



不妊治療費の差はどこから生まれるの?


じゃあなぜ、こんなに費用に差が開くのでしょうか? それは下記の理由によります。


●1.国立大学や公立大学病院が安い理由は?


人件費や土地代が公務員のために原価計算していないからです。
土地は国のものだからコストはかかっていないし、人件費も様々な
疾患の患者さんがおられるので、いちいち計算していないということです。



公的機関であり、一度決められた費用はなかなか変わらないですから
激安治療になることが多いです。



ただし、妊娠率が高いかどうかは別です。ある意味、大学の場合はドクターの
研究や勉強の合間に治療をしているわけで、個人病院のようなきめの細やかな
ケアができるかどうかは未知数です。



●2.自由診療でも金額に大きな差があるのはなぜ?


高い料金になる理由は3つあります。

(1)大きな設備投資をしているためにその回収のために必要である

(2)多くの良い人材を確保するために人件費を必要としている

(3)その病院の土地代が高い

よって都会で便利の良い場所で良い設備のところは治療費を高くせざるを得ないということですね。



●3.料金と妊娠率の関係は?


難しいところですが、あまり関係ないのではないでしょうか。地方で料金が
安くてもしっかりと治療しているところもあります。



料金が倍だから妊娠率が2倍ということはありえません。


料金を見ながらもきちんとケアをしてくれて、納得のできる医療を
提供してくれるところを探すことが重要です。




妊娠率が高いと言われている有名不妊クリニックでも合わないと逃げていく
患者さんは多いです。相性があるからです。


不妊治療、特に高度生殖医療の場合はどうしても自由診療になるので患者さんの
財布には厳しいと思います。



よって私は体外受精を行う前にはきちんと色々とクリニックを比較しても
いいのではないかと思います。



そのために最も良い方法はそこで体外受精をした人の話を聞くことです。
WEBサイトで確認しても良いかと思います。



場合によってはドクターやナースにその旨をお伝えして体験された方の
コメントを聞く機会を作ってもらってもいいのではないでしょうか?



まとめ

ここでは不妊治療とお金についてのお話をさせていただきました。
首題の答えですが自由診療の部分で不妊治療を行うと



子供1人産むのに1000万円以上かかるケースは実際にありえるということです。



数としては非常にまれだと思いますが、そういうケースもあるということですね。
このテーマはまだまだ奥が深いので今後も掘り下げて調べていきたいと思います。

(文:池上 文尋)


スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。