So-net無料ブログ作成
検索選択

流産で不妊症になることはあり得るの?専門医の回答 [不妊症]

2人目の子どもを流産して以来、努力しているにもかかわらずなかなか妊娠出来ません。



原因として、流産をきっかけに不妊症になったのではないかという悩みが寄せられました。
流産と妊娠、そして年齢との関連について、専門家の皆さんのアドバイスを見てみましょう。



スポンサードリンク







相談者



1人目が授かり婚で無事に出産しましたが、それから1年後に2人目を流産してしまいました。
それから1年程度経つのですが、なかなか子どもが出来ません。



今では排卵日などを調べて、前以上に努力しているにもかかわらず妊娠に至らないので、
流産をきっかけに不妊症になってしまったのではないかと不安でしかたがありません。



まだ20代なのですが、年をとった事も関係があるのでしょうか。(20代・女性)


答え

流産で不妊になることはまずありません



流産しても、適切な処置が行われていれば不妊の原因になることはないようです。
不妊には様々な要因が関係しており、1人目と2人目、3人目の出来やすさに違いが
あることも珍しくありません。




女性側の不妊の原因は、卵巣機能の低下やホルモンバランス、卵子の老化ストレスなどがあります。
流産は妊娠22週未満で妊娠が終わることですが、一度流産しても適切な処置を行っていれば、
不妊になることはまずありません。




また妊娠初期の流産は受精卵に問題があり、お母さんがいくら努力しても
防ぐことが出来ません。(産科医師)




「1人目・2人目は難なく妊娠・出産することは出来たのに、3人目がなかなか
妊娠しない」という例もあれば、「1人目は人工授精(体外受精など)でようやく授かったのに、
2人目は何の治療もしなくても妊娠出来た」という例もあります。
このように妊娠は複雑なものです。(看護師)


スポンサードリンク











現時点では年齢による影響は考えられません




20代では、加齢によって妊娠しにくくなっているという可能性は考えにくいようです。
不妊症になったのではと不安で仕方がないということですが、そのような不安や
焦りが妊娠しにくい原因になっていることも考えられます。




年齢を重ねるごとに卵子の質が少しずつ低下して妊娠しにくくなることはありますが、
20代や30代前半で大きく影響することは考えられないので
、年齢的なものは影響していないと思います。(看護師)





現在妊娠に向けて努力されているようですが、妊娠したいという焦りや
」プレッシャーがストレスになって妊娠しないこともあります。




何年も不妊治療を行っても妊娠しなかった夫婦が、諦めて不妊治療を止めた途端、
妊娠したケースもあります。



お気持ちは理解出来ますがあまりこだわらず、少し気持ちに余裕を持ちましょう。
心配でしたら、不妊外来を受診してください。(産科医師)



流産しても、適切に処置されていればそれが原因で不妊症になることはありません。
流産には様々な原因がありますが、20代の現時点で年齢的な要因が
影響していることは考えにくく、妊娠出来ないことに対する不安や焦りが
ストレスとなって妊娠を妨げている可能性が考えられます。




気持ちに余裕を持つように心掛けると共に、不妊外来を受診して専門家の
意見を仰ぐのも良いかもしれません。

出典:ixil.info

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊活中のお酒がよくない理由とは?活性酸素です [妊活]

アルコール成分は体にとって異物ですが、異物を分解処理するときに発生するのが、

活性酸素です。


妊活中の方にとって「活性酸素」はよく聞くワードではないでしょうか。


人は生きているだけで活性酸素が発生しますが、活性酸素は良い働きをする
物質でもあると同時に、細胞を攻撃して老化させてしまう性質があります。


スポンサードリンク










赤ちゃんを授かるためには、若々しい質の高い卵子が必要です。
受精可能な卵子を排卵するためには活性酸素を体から追い出さなくてはなりません。



最近では『抗酸化』という言葉をよく耳にしますが、抗酸化とは活性酸素と闘う
ポリフェノールやフラボノイドなどを摂取して体を酸化させないことを言います。


不妊治療は薬を使うので、どうしても活性酸素が発生しやすくなりますが、
日頃から抗酸化力のある食品を摂取することで、細胞の老化を食い止めることができます。


肝臓がボロボロになるほどお酒を飲んでいるなら、それは不妊の原因になるというより、
不健康の原因となり、妊娠しにくくなりでしょう。


赤ちゃんを望んでいるときは、なるべく活性酸素を発生させないようにしたいですよね。


スポンサードリンク







妊活中のお酒、どれくらいなら飲んでもいい?




昔からお酒は百薬の長と言われていますが、お酒が薬になるも毒になるも、
やはり飲む量によります。


一般的に体に害を及ぼす飲酒量とは、ビールなら1500mlと言われています。
缶ビールなら500mlを3本ということになりますが、これを少ないなぁと思うようなら、
これまでの飲酒量が多めだったのかもしれません。



では適度な量とはどれくらいかというと、ビール(アルコール度数5%)なら
500mlを1本と言われています。


体質や体調、病気の有無によっては少量でも飲んではいけないのは当たり前ですが、
妊活中に、ちょっとだけ飲みたいな、という時にこれくらいの量なら十分ではないでしょうか。


ビール1本では足りない!我慢できない!と思う人は、不妊や妊活に関係なく
健康のために生活環境や食生活の習慣を見直すことも必要かもしれません。


また、自分はお酒が強いから多めに飲んでも大丈夫、という考えは危険です。
酔う、酔わない、に関係なくアルコールが体に及ぼすリスクは、お酒が弱い人と同じです。


少量のお酒が体にいいと言われているのは、お腹の善玉菌を増やしたり、
赤ワインのポリフェノールが活性酸素に効果的、などがあげられますが、
体への害がなくなるわけではなく、あくまで少量のお酒なら肝機能にそれほど
負担がかからない、というだけのことです。




妊活中はストレスを感じたときに適量(缶ビールなら500mlを1本)を飲むという以外は、
質の高い受精卵や子宮内膜をつくるために飲酒はできるだけ控えたほうが良いといえますね。

スポンサードリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

男性の不妊症外来を開設!済生会富山病院 [男性不妊の原因]

不妊症とは、避妊していないのに1年以上妊娠していない状態のことですが、
現在、世界には、10組に1組の割合で不妊症の夫婦がいるとされます。




 そして、原因の内訳がこちらですが、全体の半数近くが男性に原因があることが分かっています。

 そうしたなか、男性の不妊症専門の診療外来が11日から、富山市内の病院に開設されます。



スポンサードリンク






 「男の場合は『俺はどこに行けばいいんだ』と、そういうので、ちょっと迷ってしまって
受診をためらって、そのままにしてしまうという人が、実は相当いるんじゃないかと
私は思っております」(済生会富山病院・風間泰蔵泌尿器科部長)




 こう話すのは、済生会富山病院の風間泰蔵医師。




 県内では唯一、長年にわたり男性の不妊症治療を専門にしてきました。

 この病院の泌尿器科では、これまでも男性の不妊症治療をおこなってきましたが、
専門の診療外来を設けることで、男性が、より受診しやすくなるのが狙いだといいます。



 「不妊症の治療の目的というのは、精子を増やすことではなくて、
赤ちゃんをもうけてもらうことなので」「睾丸全体を調べるとですね、



子だねが全くない無精子症という言われる人でも、精子が少し生き残ってる
場合が結構あると言われてます。



それを手術して探しにいくんです。顕微鏡で」(風間泰蔵医師)



 男性の不妊症は、どこの泌尿器科でも診察はしてもらえますが、県内で、診察から検査、
手術まで一貫した治療を行えるのは、済生会富山病院だけです。




 「女性の場合だと何回も通うじゃないですか、男性の治療というのはどうなんですか、
そのあたり?」(記者質問)




 「治療することで精子の数を上げることができる病気もあるんです。そういう場合はちょっと長くなります。
手術ももちろん必要かもしれないし、お薬もずっと続けないといけないかもしれない」(風間泰蔵医師)



 県では、おととしから、男性の不妊治療費の補助制度を設けていて、精子を採取する手術の場合
、最大15万円を助成しています。


スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

札幌市が「不育症」治療費助成検討!新年度 北海道 [不育症]


 妊娠後に流産や死産を繰り返す「不育症」に悩む夫婦に対し
、道が治療費や検査費を一部助成する方向で
検討していることが2日、関係者への取材でわかった。


スポンサードリンク











2017年度予算案に盛り込む方針で、1千万円規模を見込む。
不育症は、妊娠できない「不妊症」と比べ認知度が低く、



治療費などを助成する自治体は全国的にも少ないのが現状。
適切な治療を受けることで無事な出産の可能性が高まるとされ、
札幌市も新年度からの助成を検討している。





 不育症とは、流産や死産を繰り返したり、早期新生児死亡(生後1週間以内の死亡)が
あったりした場合をいう。



スポンサードリンク










厚生労働省の研究班によると、妊娠した女性のうち4・2%が不育症とみられ、
患者数は年間で約3万人と推計される。



 不育症の原因は、夫婦どちらかに「染色体異常」がある、
妻に「子宮の形態異常」「内分泌異常」「血液凝固異常」があるなどで、さまざまだ。




投薬や外科手術など適切な治療をすれば、8割は無事な出産ができるようになるという。
不育症の検査や治療は保険適用外のものも多く、治療方法や医療施設によって費用は異なるが、
一般的に20万~40万円程度とされる。

スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産!奈良県(2) [不妊症]

男性は取材に「血縁はあっても娘と受け止める自信がない」と明かす。



14年秋に女性の妊娠を知って問い詰めると、「年齢の問題もあるし、
2人目をあきらめられなかった」と打ち明けられたという。




移植を実施したクリニックの院長の代理人弁護士は「男性の同意を得ていると
思って施術したが、慎重に確認すべきだった」としている。



スポンサードリンク








 男性側は昨年12月、奈良家裁での第1回口頭弁論で「同意のない
移植による出産を民法は想定しておらず、血縁を理由に親子関係は認められない」と主張した。





女性側は無断移植を認めたが、「親子関係を否定する法律はない」として争う姿勢を示している。




体外受精に法追いつかず



 不妊に悩む夫婦の増加を背景に、体外受精の件数は増えている。



日産婦によると、14年に全国の医療機関で行われた体外受精は
10年前の3倍の39万3745件で、4万7322人が誕生した




だが、体外受精に関して夫婦の同意手続きを定めた法律は国内にはない。



スポンサードリンク










このため、日産婦は不妊治療を行う全医療機関に、倫理規定で移植ごとに
同意を確認するよう求めている。



 過去には、生前に体外受精に同意していた夫が亡くなり、
凍結保存された精子を使って妻が出産したケースで、
子が自分と父との父子関係の確認を求めて裁判で争われたことがある。




最高裁は10年前、父子関係を認めない判断を示す一方、立法による救済の必要性を指摘。
今回のケースでも、長女は司法判断次第で戸籍上の父親を失う可能性がある。




 元日産婦理事長の吉村泰典・慶応大名誉教授は「受精卵は夫婦のもので、
使用には双方の同意が不可欠だ。



事実ならば、院長の行為は内規違反でお粗末だ」と批判。



 早稲田大法科大学院の甲斐克則教授(医事法)は「生まれてくる子の福祉の確保が最優先だ。
国は不妊治療の基本的な枠組みや親子関係の規定を盛り込んだ法整備を早急に進めるべきだ」と
話している。


毎日新聞抜粋
スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産!奈良県(1) [不妊治療]

不妊治療を手がける婦人科クリニック奈良市)の男性院長が2014年、
凍結保存された別居中の夫婦の受精卵について、夫の承諾を得ず
妻に移植していたことが分かった。





妻はこの体外受精で妊娠し、長女を出産



院長側は毎日新聞の取材に無断移植を認め、
「軽率だった」と話した。




日本産科婦人科学会(日産婦)には移植ごとに夫婦の同意を求める
倫理規定があり、院長の行為はこの内規に抵触する恐れがある。





スポンサードリンク








夫は昨年10月に妻と離婚し、長女と親子関係がないことの確認を求めて
奈良家裁に提訴した。




長女は戸籍上、今も夫の娘になっている。生殖補助医療の専門家によると、
受精卵の無断移植が表面化するのは初めてとみられる。



 夫婦関係にあったのは奈良県内に住む外国籍の男性(45)と、日本人女性(45)
男性の代理人を務める大阪の弁護士や訴状によると、2人は04年に結婚した。




約7年前にクリニックで不妊治療を始め、体外受精で複数の受精卵を凍結保存した。
女性は受精卵を順に移植し、11年に長男が生まれた。





2人は13年秋から、関係が悪化して別居。



女性は14年春以降、クリニックに凍結保存された残りの受精卵を数回にわたって移植したという。
妊娠後に男性に打ち明け、15年4月に長女が誕生した。




クリニックは2人が治療を始めた10年に一度だけ移植への同意を確認する書面を作ったが、
以降はこの手続きを省いた。



スポンサードリンク










 男性側は昨年12月、奈良家裁で開かれた第1回口頭弁論で「同意がない移植による
出産を民法は想定しておらず、血縁を理由に親子関係を認めるべきではない」と主張。




女性側は無断で移植したことを認める一方、「親子関係を否定する法律はない」として
争う姿勢を示した。




男性は今後、院長と女性に損害賠償を求める訴えも奈良地裁に起こす。




 体外受精を巡っては、国内に同意手続きを定めた法律はない。
一方、日産婦は不妊治療を行う全医療機関に対し、倫理規定で移植ごとに夫婦の
同意を確認するよう求めている。




 元日産婦理事長の吉村泰典・慶応大名誉教授は、「受精卵は夫婦のもので、
使用には双方の同意が不可欠だ。




今回のケースが事実ならば、院長の行為は内規違反でお粗末だ」と語った。



 院長の代理人弁護士は取材に応じ、「男性の同意を得ていると思って施術したが、
慎重に確認すべきだった」。



妻は代理人を通じ「取材に答えられない」としている。【原田啓之、三上健太郎】



毎日新聞抜粋

スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。