So-net無料ブログ作成

妊活と妊娠!子どもができない原因は冷え性や生理不順のせい? [妊活]

妊活中女性からの相談:「体温35℃、生理不順で冷え性という体質は、
妊娠出来ないことに影響しているのでしょうか」





妊活を始めて一年ほど経ちましたが、なかなか妊娠に至りません。
出来れば自然妊娠を希望しています。




冷え性で平均体温は約35℃です。


不正出血があり、生理が安定していません。



代謝も悪いらしく、夏場でも汗を掻きにくいため体温調節が上手く出来ず、よく夏バテします。




生理不順や冷え性、代謝の悪さが妊娠に影響しているのでしょうか。




また、冷え性を改善するにはどのようにしたらいいでしょうか。(30代・女性)



スポンサードリンク










生理不順は不妊の要因に 




生理不順や冷え性は、自然妊娠を難しくする要因になるようです。





代謝が悪いと血行が悪くなり、血行が悪いと冷え症になりやすく、
冷え性だと子宮環境も悪くなり妊娠しにくい身体になります。




さらに生理不順ですと、いつ排卵が起こるか分からないので
自然妊娠が難しくなります。(産科、婦人科医師)





生理が定期的でないというのは排卵時期を特定しにくいので、
タイミング的に受精・着床しにくいでしょう。




また冷え症であることも着床しにくく、着床しても上手く妊娠を継続出来ません。





病院に行く前に、まず自分で確認することが出来る方法としては基礎体温を測ることです。





毎日基礎体温を測れば、自分の生理周期を確認することが出来ます。





正常な場合は体温が高温期・低温期の二層に分かれます。





もし二層性にならないようなら、自然妊娠は難しいため、不妊治療が必要だと思われます。(看護師)



スポンサードリンク









受診も検討を




不正出血がある場合は、受診を検討するようアドバイスがありました。




生理不順で不正出血があるのでしたら、不妊検査も含めて病院を受診してください。




不正出血の原因は様々ですが、放っておいてはいけないケースが多いです。





また、生理不順で妊娠希望ならば基礎体温も測った方がいいでしょう。(産科、婦人科医師)





食事や運動で体質改善を




冷え性を改善するために、日常生活で心掛けると良いポイントや
積極的に摂ると良い食材や成分を教えてくれました。




血行を良くするために、日頃から水分を多めに摂って、30分くらいのウォーキングなど
、適度な運動を心掛けてください。





クーラーの効いた部屋で長時間過ごす場合は、2~3時間に1回は外気に触れてください。
お風呂は湯船に浸かって、少し汗をかく位に温まってください。





生姜やにんにく・根菜を使った食事で温かいものを摂るようにしてください。





妊娠しやすい身体を作るために、葉酸や鉄分も摂ると良いでしょう。(産科、婦人科医師)





代謝が悪いと血液の流れなどが悪くなり、体内での熱の産生が少なくなるので、
低体温になりやすいと言えるでしょう。




冷え症を改善するのは体質改善が一番です。




そのためには長期間、継続的に食事・睡眠・ストレス・運動・漢方薬の服用などに
気を使うことが必要になってきます。





しかし上記の対策を行っても、必ずしも改善出来るというものでもありません。(看護師)





生理不順や冷え性は、自然妊娠を妨げる要因の一つです。



不正出血がある場合は、早めに受診してください。
日常生活では運動や食事などで身体を温めて、血行を良くすると冷え性を改善してください。



スポンサードリンク

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊活のウォーキングは効果的? [妊活]

2016年に360人の妊活女性を対象に行ったアンケートでは、
妊活のために運動をしていますか?



という質問に対して、「なにもしていない」と
答えた方が46.8%との結果になりました。


スポンサードリンク












仕事や家事をしながら運動を取り入れるのも難しいのに、不妊治療で病院に通いながら、
食生活だって気をつけたい!となると、




運動がいいのは分かっているけどできない!
続いたことがないからもうやめちゃった
運動は苦手で、つい後回しになってしまう
というお声が多いです。





ストレスになるくらいなら毎日の食生活を整えて
適正体重を維持することを心がけたいですが、
栄養を運ぶ、冷えを改善するという妊活にも
運動は繋がってきます。





妊活のために取り組む運動の1位は?




妊活女性が取り組んでいる運動は、このような結果になりました!



1位 ウォーキング(運動をしていると答えたうちの45.1%)

2位 ヨガ(運動をしていると答えたうちの26.4%)

3位 その他

4位 ジムに通っている

5位 ダンス



妊活のための「運動をしています」と答え方の
約半数が取り組んでいるのがウォーキング!



定番ではありますが、場所を選ばずお金もかからないので、気軽に始められる
ウォーキングは一番取り組みやすいのかもしれませんね




効果的なウォーキング方法は?




せっかく始めるなら効果的に歩きたいですよね。
動きを複雑にすると頭で考えすぎて続けにくくなってしまうので、
ちょっと心がけようというくらいで取り入れてみてください。



腕をふる



ちょっと疲れたな、と思ったときは大きく腕を振ってみてください。
腕が振られると自然に足がついてきます。




また、前に引くのではなく後ろにしっかり腕を振るのがポイントです。



後ろに大きく振ると、肩甲骨周りが動きます。肩甲骨から背中の筋肉が動くようになると
、骨盤周りも連動して動き、全身を使って歩けるようになります。




腕を前に振るときは自然の力で戻るくらいでOKです。





骨盤周りが動きやすくなるのはベビ待ちさんにうれしい結果ですね!





肩甲骨周りに多い褐色細胞が活性化すると脂肪が燃えやすくなります。




肩こり解消にも腕を後ろに大きく振ると効果的です。


スポンサードリンク











大股で歩く




大股で歩くと小さい筋肉から大きい筋肉、さらに上半身まで使われるため、
よりシェイプアップ効果が高まります。




大きく踏み出すたびにウエストのねじりを意識すると、引き締め効果がもアップします。




腰をふる




ちょっと複雑な動きで大股歩きとは一緒にできないかもしれないので
、ウォーキングが日課の方におすすめの歩き方です。





右足を出したら左の骨盤を前に、左足を出したら右の骨盤を前に、
骨盤を動かすように歩きます。




ちょっとクネクネしたぎこちない動きになるので恥ずかしさもありますが、
骨盤が調整されて可動しやすくなる動きです。





最初は腰に手を当てて、モデル歩きを意識すると自然にできるようになります。




腕ふりと大股歩きがちょっと疲れたときに、数分でも取り入れてみてください。




お腹周りも引き締まる動きです。



まとめ

ウォーキングは、雨が降って数日中断したり、
寒い冬は億劫になってしまうなど、
季節にも継続を左右されがちな運動です。





少し温かくなってきてお散歩が気持ちのいい春先や、金木犀の香りに癒される秋など、日課になりそうな季節から始めるのも続けるコツかもしれません。





最近では、ウォーキングやランニングスペースが設けられている
運動施設もあるので探してみるのももいいですね。


スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療の給付金が受け取れる保険が新たに登場! [不妊治療]

妊娠を希望しているカップルの6組に1組が何らかの不妊治療を受けたことがあるといわれている昨今。
不妊治療は一般化してきているものの身体的精神的負担が大きいのに加え、
治療費も高額で経済的な負担も大きくなりがちです。





そんな中、不妊治療の治療費を保障する保険が登場。どんな仕組みでどのような人に
メリットがあるのか、みてみましょう。

スポンサードリンク









○不妊治療はどれくらいの費用がかかるの?


子供が欲しいけれどなかなかできないと悩んでいる人にとって、不妊治療は頼みの綱です。
とはいえ、治療は長期にわたるケースも多く、また治療状況によっては仕事を
セーブせざるを得ないなど経済的負担が大きくなりがちです。





さらに公的健康保険がきかない治療も多く、治療費自体も高額です。
費用は治療内容によって大きく異なりますが、人工授精などで数万円、体外受精や
顕微授精では数十万円かかるといわれています。




これが1回で済めばそれほど大きな負担にはなりませんが、
妊娠するまで毎月継続的に治療を受けるとトータルでは数百万という
単位になることも珍しくありません。





○公的健康保険は対象外。その代わり国の助成が受けられる




不妊治療は病気の治療ではないことから、基本的に公的健康保険の適用は受けられません。
子宮や卵巣など生殖器に異常が見られ、それが原因での不妊では病気の治療となるので
公的健康保険が適用されますが、それ以外は基本的に全額自己負担となります。




ただし、治療費が高額になることから、国や自治体の助成金制度があります。




国の助成制度は、体外受精や顕微授精など高度不妊治療に対して行われています。
1回の治療につき初回は30万円、2回目以降は15万円まで助成されます。




男性不妊治療に関しては、平成28年4月以降に15万円の助成が
上乗せで受けられるようになっています。




助成を受けられるのは所得が夫婦合算で730万円未満。
年齢は43歳未満の女性です。




助成が受けられる回数は、治療初日に40歳未満の人の場合は
通算で6回、40~43歳未満は通算3回までとなっています。




これとは別に各自治体で独自に助成を行っている市区町村もあります。
国の助成の窓口が住所地の市区町村役場となっているので、
申請をするときに市区町村の助成制度も併せて確認するといいでしょう。


スポンサードリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

河合蘭の不妊治療の現実は2人に1人がカミングアウト [不妊治療]

「不妊治療と仕事の両立はムリ」「不妊治療中であることを職場で言うなんてイヤ」
働きながらの不妊治療をしている、



あるいはしようとしている女性の中には、
きっと少なからずこういう感情があったず。



スポンサードリンク







ところが、日本で唯一の出産ジャーナリストである河合蘭(かわい・らん)さんによると、
不妊治療とキャリアをめぐる状況は最近だんだんと変化しているそう。



最新の調査によって明らかになった現状をレポートしてくださいました。



300人のアンケート調査から見えてきた意外な数字



「不妊治療に対する社会のまなざしは、このところ急激に変化しています。
『仕事をしている私に不妊治療なんてムリ』と考えてきた人は、この変化の波を上手に利用して」




そう語るのは、蔵本ウイメンズクリニック(福岡)の看護師長で不妊症看護認定看護師の
村上貴美子(むらかみ・きみこ)さん。




不妊治療の専門施設には精神面や生活面のサポートをしてくれる
「不妊カウンセリング」や「不妊相談」と呼ばれるサービスがあります。




村上さんはその草分けで、厚生労働省の不妊治療に関する委員会のメンバーでもありました。






村上さんが、2016年5月から7月の3ヵ月にわたり蔵本ウイメンズクリニックに
通院中の女性300人を対象にして実施したアンケート調査
(約6割に当たる163人が回答)から、
不妊治療とキャリアをめぐる意外な事実が見えてきました。





まず目を引いたのは、74%が有職者だったこと。
しかも、うち61.9%は正社員で、勤続年数も5年以上と長い人が51.2%を占めました。



国の労働力調査によると、日本の女性労働者全体に占める正社員(正規雇用)の
割合は40%ですから、この数字は明らかに高いと言えるでしょう。


スポンサードリンク













実は2人に1人が職場でカミングアウトしている


さらに村上さんの調査によれば、会社に「不妊治療をしている」と
カミングアウトしていた人は、有職者の50%に上りました。




「告げた時期」は、「治療を開始した時点」と答えた人が圧倒的に多いという結果に。
そして、会社に告げている人のうち86%は、「伝えてよかった」と回答しているのです。



「伝えてよかった」と思う理由には、次のような明るい言葉が並んでいたそう。

・休みがとりやすくなった

・協力が得やすくなった

・理解が得られ、気持ちがラクになった

・体調を気遣ってくれた

・精神的に助けられた

・(不妊治療のことを)一人で考えなくて済むようになった

不妊治療のつらさはいろいろありますが、特に困ることとして
「卵子の成長具合に振り回されて予定が立ちにくい」が挙げられます。



治療のために急に仕事を休んだりアポをキャンセルしたりせざるをえない時に、
事前に伝えておけば苦しい事情をわかってもらえる可能性は高いでしょう。



「男性の上司」は意外に協力的だった



興味深いことに、「職場で(不妊治療に)協力的な人」としてアンケートでは、
「女性の同僚」の次に多かったのが「男性の上司」でした。



アンケートでは職場での「関係」と「性別」の組み合わせで聞いていますが、
「関係」でもっとも協力的なのは「上司」という結果が。




特に「男性の上司」は、「男性の上司」「男女問わず上司」と答えた人を合わせると、
「上司が協力的」と答えた人の7割を占めました。



不妊治療を職場でカミングアウトすると、意外な人から優しい言葉をかけてもらう
ことになるかもしれません。




しかし、不妊治療中の人すべてが職場で応援されているわけではないようです。
村上さんの報告でも、不妊治療の開始にともない「働きかたを変えた」と答えた人は
有職者の3分の1を占めました。




「働きかたを変えた」の中には、離職、休職、転職、常勤からパートタイムーの
変更、時短勤務、部署移動が含まれます。




本人が自分から積極的に選んだケースもあれば、納得しないまま変更された
ケースもあるだろうと村上さんは推察しています。



時代は変わりつつある


「少し前まで、不妊治療は個人が好き勝手にやっていることというイメージでした。
でも今は、不妊治療の支援は少子化対策の一つ。



そればかりか、不妊治療中の人の中にはキャリアを積んだ人が多く、
そうした女性が『不妊治療に専念するので辞めます』と職場を去るのは
社会の大きな損失だと国や企業が気づき始めています」




と村上さんは語ります。私もこれまでの取材の中で職場の協力に関して
「いい話」を聞くことはままありましたが、



今回の調査を通じて不妊治療と女性のキャリアをめぐる状況は
大きく変わりつつあると強く感じました。



勇気を出して職場でカミングアウトする「オープンな不妊治療」を、
もっとたくさんの人が検討してもいい時期が来ているのかもしれません。

(河合蘭)


河合蘭(かわい・らん)

妊娠・出産、不妊治療、新生児医療を取材してきた、日本で唯一人の出産ジャーナリスト。
1986年に執筆活動を開始。


2015年、写真撮影開始。
現在、東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院などで非常勤講師。
著書『出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療におけるカウフマン療法の目的や副作用は [不妊治療]

カウフマン療法とは、ひとことで言えば「女性ホルモンを補充することで
規則的な月経周期に戻す」治療法です。


主に月経不順に行われる治療ですが、不妊治療中に起こりやすい
排卵障害や多嚢性卵巣症候群(POCS)、高FSHなどの改善のために行われます。

スポンサードリンク










実際にカウフマン療法はどんなことをするの?


エストロゲンとプロゲステロンの2つホルモンを補充することによって
人工的に低温期と高温期を作るのが基本です。




補充期間は病院によって違いますが、卵巣の状態を見ながら3~6ヶ月間続けます。
ホルモンを補充する方法をまとめましたので自分に合った方法を医師と相談してくださいね。



内服によるカウフマン療法



選択する薬によって飲む日数や飲み方に違いがありますが、
カウフマン療法は内服が一般的です。



①月経周期の前半にエストロゲン製剤(プレマリンやエストラーナ)を服用してエストロゲンを補充。

②月経周期の後半にプロゲステロン製剤(デュファストンやルトラール)を服用してプロゲステロンを補充する、もしくは、エストロゲンとプロゲステロンが合わさった混合ホルモン剤・ピル(ドオルトンなど)を服用。

全て内服し終わって1週間お休みします。これを28日周期で続けていきます。



カウフマン療法中は毎日決まった時間に薬を飲みますが、飲み忘れてしまうこともあります。
1日くらい飲み忘れても気にせず気づいたときに飲めば大丈夫です



昨日飲み忘れたから今日2錠飲むなんてことはしないでくださいね。
不安があるときは病院に電話して確認してください。



スポンサードリンク










注射によるカウフマン療法


①1週間目と2週間目にエストロゲンと同じ作用を持つ注射を打ちます。

②3週間目にプロゲステロンと同じ作用を持つ注射を打ちます。

③4週間目は何もしません。約3ヶ月間くらい①~③を繰り返します。



低温期と高温期を人工的に作るのは内服と同ですが、
注射の場合は週に一度のペースで通院することになります。


注射の痛みと通院が辛いところではありますが、
飲み忘れや忙しくて薬を受け取りに行けなかった、ということがないのはメリットですね。



貼り薬によるカウフマン療法


湿布のようなシールを下腹部に貼り、皮膚からホルモン剤を吸収する薬剤です。

①1週間目~2週間目はエストロゲン製剤を1日置きに貼り替えます。

②3週間目はエストロゲンとプロゲステロンの混合剤を3日に1回貼り替えます。
4週目はお休みです。



貼るだけなので手軽でいいですが、一番の問題は皮膚のかぶれです。
少しずつ場所をずらして貼ることで軽減されますが、夏場や汗をかくときは
蒸れて痒くなりかぶれてしまうことも。



とくに皮膚が弱い方は長期間の貼り薬は避けたほうがよいかもしれません。



カウフマン療法に副作用はある?注意点は?

カウフマン療法の副作用としてメジャーなものは「吐き気」です。
基本的にピルと同じホルモン製剤ですので、



飲み初めに頭痛や吐き気などの症状がでることがあります。
飲み続けると症状は落ち着いてきますが、副作用が辛い場合は体への
負担や治療を続けるストレスが出てきます。


お薬の内容や他の治療法について医師に相談しましょう。


プレマリンの重大な副作用に血栓症があります。
極稀な副作用ではありますが、飲み始めて痺れや痛みがある場合は
受診するように説明があります。


資料ハッピーブレッシング


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

貧血と不妊は関係があるの? [不妊症]

原因不明の不妊と言われ、治療中の女性から相談が寄せられました。
健康診断で貧血気味と診断されたことから、不妊と関係があるのではないかと思い、
鉄のサプリを飲み始めたということです。






貧血と不妊の関係について、専門家の意見を聞いてみましょう。


スポンサードリンク









妊活についての相談:「貧血の不妊への影響について」




妊活を始めてから約4年経ちますが、なかなか結果が出ません。
検査の結果異常もなく、原因不明の不妊です。




先日の会社の健康診断で貧血気味と診断され、貧血が原因になっているのかもしれないと思い
、鉄分のサプリを飲み始めました。




貧血と不妊の関係についてはあまり情報がなく、病院でも聞きにくいです。
貧血を治すことによって妊娠率が上がるなど、不妊に関係する情報があれば知りたいです。(30代・女性)




貧血は不妊の原因の一つになります




貧血とは、全身に酸素を運ぶ赤血球の中のヘモグロビンの数値が低下することです。
ヘモグロビンが低下するということは、全身が酸素不足になります。




つまり、身体全体が酸欠状態ということです。女性は男性よりも貧血になりやすく、
慢性的な貧血の方は、身体が貧血に慣れて症状が出ず、知らない間に貧血が
進行していることも多いです。




貧血は子宮環境やホルモンに影響を及ぼすため、不妊の原因の一つです。
また、鉄分が不足することが卵子の染色体に影響し、
これも不妊と関係があると言われています。




貧血は不妊の原因の一つで、不妊治療を受ける患者のほとんどが鉄欠乏性貧血です。
貧血になると血行が悪くなりますから、子宮に充分な血液が行き届かず、
子宮環境が悪くなります。




鉄分は全身の細胞を構成するのに必要な栄養素ですから、
鉄分が不足すると黄体ホルモンという妊娠を継続するために重要な
ホルモンの分泌が低下します。





妊娠しやすい体を作るためには、貧血を改善し血行を良くすることが大切です。
また妊活を4年間行っているようですが、妊娠の希望があり、




一定期間性生活を行っているにも関わらず妊娠出来ない場合は、
4不妊症の可能性も否定出来ないので、早めに婦人科や
不妊治療専門機関を受診することをお勧めします。(産科医師)


スポンサードリンク












貧血の主な原因である鉄分の不足ですが、鉄分には抗酸化作用があることが知られています。
抗酸化作用が低下すると、卵子の染色体の異常が出現するリスクが高くなると言われており、
この現象も不妊の原因となることが指摘されています。





病院では聞きにくいということですが、自分の状態を把握することは重要ですので、
内科ではなく婦人科専門の病院やクリニックでしっかり説明を受けましょう。(看護師)
妊娠してからのためにも貧血対策をしておきましょう




鉄分を摂り貧血を改善することは、妊娠しやすい身体づくりのためだけでなく、
妊娠してからの赤ちゃんの健やかな成長のためにも不可欠です。




胎児の臓器や胎盤が形成される妊娠初期には、多くの血液を必要とします。
また、先天性障害の予防のために、妊娠前1カ月~妊娠初期の葉酸の摂取を推奨しています。




鉄分は体内で作られませんから、食事やサプリで補うしかありません。(産科医師)
貧血は子宮環境やホルモン、卵子の染色体などに影響を及ぼすため、不妊の原因の一つになります。



今から鉄分を補給し貧血を改善しておくことは、妊娠してからの胎児の健康に非常に重要なことです。


提供:イクシル








タグ:貧血、不妊
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊治療に踏み切る時期?妊活3年妊娠に至らず! [不妊治療]

3年間自分たちなりに頑張ってきたにも拘らず妊娠に至らず
、不妊治療を開始するべきか悩んでいると言う相談が寄せられました。





本格的な不妊治療に踏み切るタイミングについて、専門家の皆さんはなんと
アドバイスしているでしょうか。


スポンサードリンク








妊活についての相談:「本格的な不妊治療に踏み切る時期は?」




『結婚3年目ですがなかなか妊娠出来ません。
基礎体温やタイミング法はもちろんのこと、私は葉酸、夫は亜鉛のサプリを服用しています。




冷え性体質のため、夏でも靴下や腹巻、生姜料理等対策しています。
以前婦人科の先生が精子を見てくださったことがあり、夫の方に問題はないとのことです。




妊活して3年、自然妊娠は諦めて不妊治療に踏み切るべきでしょうか。
本格的な不妊治療は費用も掛かるので、踏み出せなずにいます。(30代・女性)』



今すぐにでも不妊治療を始めてよい時期です 1年以上妊活して妊娠しない場合は、
不妊治療の対象になるようです。




治療開始が早ければ早いほど妊娠の確率は高く、
治療するのであればすぐにでも始めることが勧められています。



『現在、結婚して避妊していないにも関らず1年以上妊娠しない場合は、
不妊症として治療の対象になります。




何歳頃を目処というのはありませんが、年齢を重ねると自然妊娠も体外受精も確率が低下します。
不妊治療をお考えでしたら、すぐにでも病院を受診した方がよいでしょう。(産科医師)』



『1年間努力して妊娠しなければ不妊治療のタイミングであるとも言われていますので、
十分に不妊治療を始めて良い時期だと思います。




不妊治療を始めることですぐに妊娠をする人もいれば、
何年間も不妊治療を続けている人もいます。(看護師)』


スポンサードリンク











『妊娠する時期が遅れれば遅れるほど卵子の状態が古くなり、
染色体異常が起こりやすいというデータがあります。




より確実に、元気で先天異常のない赤ちゃんを望むのであれば、
出来るだけ早く妊娠した方が良いでしょう。



しかし、若い時に妊娠したからといって異常がないとは言い切れません。
どこまでの治療を行うのかは治療を受けながら、夫婦でしっかり話し合って決めましょう。(看護師)』




不妊治療には助成金が受けられます 不妊治療の費用面については、
公的な助成金が利用出来ます。




自分なりの妊活とは違い、病院なら不妊の原因を突き止めて適切な治療が行えます。




『おっしゃるように妊娠しやすい体を作るには葉酸を摂ったり、体を冷やさないようにする等
、様々な方法がありますが、あくまでも妊娠しやすい体を作る方法で、
妊娠する方法ではありません。




病院では不妊の原因も調べられますし、それに対する治療が受けられます。不妊治療は、
国やお住まいの自治体からの助成金が受けられます。




年齢や治療回数によって異なりますから、ホームページ等で検索してみてください。(産科医師)』




1年間妊活して授からない場合は、不妊治療の対象となります。
妊活3年目であれば、今すぐ取り組んでも良い時期でしょう。



不妊治療を望む場合、出来るだけ早く開始したほうが良いようです。
不妊治療の費用については、国や自治体から助成金が受けられますので、調べてみましょう。

提供:イクシル

スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

30代男性からの相談「精子の老化は何歳から]? [男性不妊の原因]

『 兄夫婦が10歳以上の年の差夫婦(年上の夫)です。



卵子の老化が叫ばれて、女性は30歳以降年齢を経るごとにぐっと妊娠力が下がるそうですね。
兄の妻は30歳ですが、なかなか妊娠せず、機嫌が悪くなると、「あなたが年だから精子が老化して妊娠しないんだ!」と激怒するらしいのです。



スポンサードリンク









私の兄は40代半ばなのですが、男の場合、何歳から精子の老化が始まって
妊娠力が落ちるのでしょうか?




50代やまれですが60代の父親で子供ができる場合もありますよね?




似た質問もチェックしてみましょう

>>糖尿病は妊娠の確率を下げる要因! 生まれた子供にも影響が…

精子の質は低下する



専門家によると、精子の質は低下するとのことです。
ただし、その主な原因になるのは、生活習慣だといいます。





『 精子は毎日新しいものが作られています。老化しないのではと思いがちですが、
生活習慣や毎日作られている精子を排出せずに精子を溜めていると精子の質は下がり、
よくありません。(看護師) 』




『 確かに、女性の妊娠力が低下する年代はよく言われていると思いますが、
男性も精子が老化する年代があります。




それは、35歳頃からです。この頃から老化が進むと言われています。(看護師) 』



スポンサードリンク








『 精子が老化しないとはいえ、男性が加齢することで新しく産生された
精子の質が落ちることは分かっています。




精子の数や運動率などが低下してくるため、射精しても精子が卵子までたどり
着かないということもあります。(看護師) 』




『 これは加齢よりも生活習慣などの影響を特に受けやすいようです。
年齢としては35歳頃から質が低下しやすいとも言われているようです。(看護師) 』




精子は老化しない

精子はもともと身体の中にあるものではなく、徐々に生産されていくものです。
ですから、精子が老化するということはありません。



『 老化していたからといって妊娠力がないわけではありません。
妊活は何歳になってもすることはできます。(看護師) 』




『 女性の卵子細胞は生まれた頃から体内に存在して順次排卵されるので、
卵子が老化することは知られています。



一方、精子はその都度産生されるものなので「精子が老化する」ということはありません。(看護師) 』




『 年齢により精子が古くなることはないのですが、精子が産生されて徐々に
劣化して射精されなければ身体に吸収されていきます。



そのため男性の妊娠能力は高齢になっても比較的持続するとされています。(看護師) 』



『 どちらが原因で妊娠しないのかは、病院で詳しく調べて見ないとわかりません。
睡眠不足や喫煙など生活習慣が良くない場合には改善することで良くなることもあるので
生活を見直すといいかもしれません。(看護師) 』





精子は老化するかの問いには否と専門家は答えました。
しかし、今回の相談者さんの場合、不妊の悩みが夫婦のトラブルに繋がっています。




妊娠という夫婦の問題で、どちらかが悪いということはありません。2
人の利点も欠点も含めて夫婦なのですから、お互いの持っていないものを補い合い、
共に問題を乗り越えていくのが何よりも大切な姿勢だといえます。




妊娠するか否かというのは、その先にあることではないでしょうか。
妊娠はゴールではありません。その先の人生の方が遥かに長いでしょう。

提供:オトコクラス

スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

「不妊治療」漫画家の古泉智浩の里親になったきっかけは? [不妊治療]


スポンサードリンク







ここ十数年で里親等への児童委託数が3倍近くに増えているというデータもある。


実際に里親になった人は、どういう過程でその決断をするのだろうか。
里親体験を描いた『うちの子になりなよ』(イースト・プレス)の著者で
漫画家の古泉智浩さんに聞いた。


●里親に、なぜなろうと思ったのか


「里親になろうと思ったきっかけは、不妊治療がうまくいかなかったことでした。
当時、すでに10年くらい交際していた現在の妻と『できちゃった婚』をしようと、
避妊せず子作りした結果、一度はすぐに妊娠。




しかし、流産してしまい…。
彼女が子作りを本気で希望したことから、不妊治療を受けるために入籍しました」(古泉さん 以下同)




しかし、「タイミング法」や「人工授精」を何度も試し、さらに「体外受精」と「
顕微授精」もあわせて10回行ったものの、結果は得られずじまい。




結局、6年間という月日と600万円もの費用を失ったそう。
古泉さんは不妊治療への思いを次のように話す。





「女性の心身への負担は非常に大きいものですし、
ただ徒労感ばかりがあり、何も残らないむなしいものでした。




不妊治療をするなら、1年とか100万円など、期限や金額の枠を決めたほうが良いと思います」

スポンサードリンク








●子どもが欲しくて欲しくてたどり着いた「里親」の道

そこで、古泉さんが奥さんに相談したのが「里子を預かる」ということだった。
実は古泉さんには、元婚約者との間に、事情があって3回しか会えていない娘がいるそう。



「娘に会ってから、あまりの愛おしさに、子どもが欲しくて欲しくてたまらなくなりました。
不妊治療の終盤には、もはや自分の子じゃなくても良いと、切羽詰まった思いになり、
テレビで里親や養子縁組特集があれば必ず見るようになっていました」




さらに、「里子」を考えたきっかけには、元交際相手の連れ子をひとりで育てている
シングルファーザーの友人に会い、その温かくステキな親子関係を見たこともあったそう。



とはいえ、「里子を預かる」という提案に対し、実子に対するこだわりがる奥さんは当初、
あまり乗り気でなかったそう。



「しかし、不妊治療は妻の意見をほぼすべて受け入れてきたので、
今度は僕の希望を聞いてほしいと頼んだのです」



長い不妊治療の末に児童相談所に相談に行き、夫婦での里親研修を経て、
やってきた「里子」の赤ちゃんとの暮らしについて、古泉さんはこう語る。




「僕はそれなりに恵まれた生活をしていたと思うのですが、
それでも心から幸せだと思ったことはこれまでなかったんです。




もともと子ども好きだったわけでもないし。
でも、赤ちゃんが来てからは、毎日が幸せで幸せで。




表すなら、銀行口座に自動的に毎日100万円
振り込まれているような気持ちです(笑)」



実子でないことも忘れるほど愛おしいという「里子」。
古泉さん夫婦のように、子どもが欲しいと考えている人、




不妊治療に疲れてしまった人にとって「里親」という制度は、
ひとつの大きな希望になるかもしれない。
(田幸和歌子+ノオト)

スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。