So-net無料ブログ作成

埼玉県は不妊治療費助成を拡大し最大42万円に [不妊治療]

少子化対策として県は今年度から、総合的支援施策「ウェルカムベイビープロジェクト」を始めた


男女双方の晩婚化や、子供を望んでいるが授からない夫婦が増加傾向にあることなどが背景。


夫婦そろっての不妊検査や、早期の不妊治療に踏み切りやすいよう検査・治療費の助成を軸として
、若い世代への妊娠・不妊の正しい知識の普及啓発活動を行っていく。(菅野真沙美)


スポンサードリンク







                   ◇

 同プロジェクトでは、早期の不妊治療を促進するため、妻が35歳未満の夫婦に対し
初回分10万円をこれまでの助成額30万円に上乗せ。



さらに夫婦そろって気軽に不妊治療を受けてもらえるよう、
妻の年齢が43歳未満の夫婦を対象に不妊検査費を2万円まで補助する。




妻が35歳未満のケースでは最大42万円の助成となり、
不妊検査・治療に必要とされる平均額をカバーできる。




 2人目以降の治療費についても、国の助成回数に加え、
出産ごとに最大6回まで治療費を助成。



平日に働いている人が相談しやすくなるように、専門医による面接相談とともに
実施している助産師による


電話相談


((電)048・799・3613)の相談日時に、
毎月第1・3土曜日の午前11時~午後3時、午後4~7時の時間帯を加えた。


スポンサードリンク









 また、他の先進諸国と比較し低いとされる妊娠・出産に対する理解度を高めるため、
県内の高校2、3年生全員に妊娠・不妊治療について分かりやすくまとめた冊子
「願うときに『こうのとり』は来ますか?」を配布する。



 上田清司知事は11日の会見で「不妊の問題はひとごとではなくなっている。
気になっている人はすぐ検査や治療を受けてもらえるようにした」とアピールした。



同プロジェクトの問い合わせは県健康長寿課
(電)048・830・3561。

スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。