So-net無料ブログ作成

不妊治療するのに000万円かかるって本当? [不妊治療]

不妊治療費には2つの支払いの種類がある


よくある質問で「不妊治療ってお金かかるのでしょう!」という問いがあります。
この問いには様々な意味があります。

スポンサードリンク










不妊治療は特別な治療をするから高いのでは?




テレビのドラマで見たけど長い間かかるのでは? とか様々なことを思い巡らせてこういう
質問になるのだろうと思います。



それでは基礎的なことからお話をしたいと思います。



医療の支払い方法には2つの種類があります。1つは健康保険が関わっている
「保険診療」と、もう1つは健康保険はまったく関わっていない「自由診療」です。



保険診療の場合、個人が医療機関で医療行為を受けると、その医療費は
次のような流れで決済されます。


●個人がその場で支払う自己負担(3割)→医療機関へ


●自己負担以外の額は、支払基金による審査を経て、個人が加入する
保険者(健康保険組合等)7割→医療機関へ


自由診療の場合はすべて患者さんの負担になり、かかった費用はすべて
患者さんから医療機関に支払うことになります。



そして不妊治療の場合、保険診療に該当するのは下記の通りです。


【保険診療で行える治療例】

・タイミング療法

・クロミッド療法

・HMG-HCG療法

保険診療の場合、基本的には患者さんの3割負担ですから費用が安く済むことは
お判りいただけるかと思います。



残りの7割は自分で毎月支払われている健康保険と国や市町村の
税金から支払われることになります。




スポンサードリンク








不妊治療の初期の検査や治療においては保険診療が可能です。



治療で言えば、簡単なカウンセリングや血液検査、タイミング療法や排卵誘発剤による
治療も保険でカバーされます。


また不妊治療においてすぐに「体外受精をしましょう」と薦める医療機関がありますが、
まだ年齢も若く、特に体外受精等の適応ではない場合はまずはステップアップ治療を
されることが治療費の軽減に大きく結びつくことがお判りいただけるかと思います。




次に不妊治療において自由診療(保険診療外)に該当するものは下記の通りです。


【自由診療の治療例】

・人工授精法

・体外受精(投薬も検査もすべて自由診療になります)

・顕微授精(投薬も検査もすべて自由診療になります)

・卵子・精子凍結

・アシステッドハッチング



人工授精やART(高度生殖医療)に移行してくると保険はまったく使えなくなります。
検査も高度なものになりますが、それも保険が効かなくなります。



「自由診療」と呼ばれる分野になるわけです。他で例をあげると眼科の近視のための
手術(LASIK)や美容整形外科や歯科の審美歯科などが同じような自由診療になります。



自由診療では保険診療のように国が値段を決める診療報酬とは違い医療機関ごとに値段が違います
。それは医療機関が自由に決めているということです(寿司屋の言い値みたいなものですね)。




体外受精の金額は皆様もご存知の通り、医療機関によってその費用は大きく違います。
幅は安いところは10万円台から高いところなら100万円ぐらいまであります。




平均的に大体20〜40万円の間、顕微授精で30〜50万円程度の費用がかかります。
よって体外受精以上の不妊治療を行うと飛躍的に治療費がかかるということになります。



場合によっては10回以上もする方がおられるのでその費用は膨大なものになります。




この数年で増えてきているのが海外での卵子提供による不妊治療です。
年齢が高い場合やガン治療等で自分の卵子が使えない女性が海外で卵子を
提供してもらって移植し、自分のお腹で育てるという方法ですが、


大体350〜500万円ぐらいかかります。


代理母出産にいたっては1000万円〜の費用がかかります。
こういう情報も不妊治療は高いという根拠の1つになっているようです。



それから余談ですが、薬の部分は保険を使って、体外受精の技術の部分だけを
自由診療とできないのか? という質問が出てくるかと思います。



このような診療を「混合診療」といい、現在の診療報酬の中では原則認められていません。
しかし、徐々に解禁に向けて動きがあることは事実で、柔軟性のある診療報酬体系が
求められるところです。



不妊治療費の差はどこから生まれるの?


じゃあなぜ、こんなに費用に差が開くのでしょうか? それは下記の理由によります。


●1.国立大学や公立大学病院が安い理由は?


人件費や土地代が公務員のために原価計算していないからです。
土地は国のものだからコストはかかっていないし、人件費も様々な
疾患の患者さんがおられるので、いちいち計算していないということです。



公的機関であり、一度決められた費用はなかなか変わらないですから
激安治療になることが多いです。



ただし、妊娠率が高いかどうかは別です。ある意味、大学の場合はドクターの
研究や勉強の合間に治療をしているわけで、個人病院のようなきめの細やかな
ケアができるかどうかは未知数です。



●2.自由診療でも金額に大きな差があるのはなぜ?


高い料金になる理由は3つあります。

(1)大きな設備投資をしているためにその回収のために必要である

(2)多くの良い人材を確保するために人件費を必要としている

(3)その病院の土地代が高い

よって都会で便利の良い場所で良い設備のところは治療費を高くせざるを得ないということですね。



●3.料金と妊娠率の関係は?


難しいところですが、あまり関係ないのではないでしょうか。地方で料金が
安くてもしっかりと治療しているところもあります。



料金が倍だから妊娠率が2倍ということはありえません。


料金を見ながらもきちんとケアをしてくれて、納得のできる医療を
提供してくれるところを探すことが重要です。




妊娠率が高いと言われている有名不妊クリニックでも合わないと逃げていく
患者さんは多いです。相性があるからです。


不妊治療、特に高度生殖医療の場合はどうしても自由診療になるので患者さんの
財布には厳しいと思います。



よって私は体外受精を行う前にはきちんと色々とクリニックを比較しても
いいのではないかと思います。



そのために最も良い方法はそこで体外受精をした人の話を聞くことです。
WEBサイトで確認しても良いかと思います。



場合によってはドクターやナースにその旨をお伝えして体験された方の
コメントを聞く機会を作ってもらってもいいのではないでしょうか?



まとめ

ここでは不妊治療とお金についてのお話をさせていただきました。
首題の答えですが自由診療の部分で不妊治療を行うと



子供1人産むのに1000万円以上かかるケースは実際にありえるということです。



数としては非常にまれだと思いますが、そういうケースもあるということですね。
このテーマはまだまだ奥が深いので今後も掘り下げて調べていきたいと思います。

(文:池上 文尋)


スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。